13.2.3. /etc/fstab に追加します

root として、パーティションの UUID を使用して新規のパーティションを含めるように /etc/fstab ファイルを編集します。パーティションの UUID の完全な一覧を確認するには、コマンド blkid -o list を使用し、個別のデバイスの詳細については blkid device を使用します。
最初の列には、UUID= が含まれ、その後にファイルシステムの UUID が続きます。2 つ目の列には、新規パーティションのマウントポイントが含まれる必要があり、その次の列にはファイルシステムのタイプ (ext3 または swap など) が含まれる必要があります。フォーマットについてさらに詳しくは、コマンド man fstab を使用してその man ページをご覧ください。
4 つ目の列に defaults の語が入る場合は、パーティションは起動時にマウントされます。再起動を必要とせずにパーティションをマウントするには、root として以下のコマンドを入力します。
mount /work