9.4.3. サイトの設定ファイルを無効化する/拡大する

クライアントシステム上の特定マウントポイントのサイトデフォルト値を無効にする場合に便利です。 たとえば、 次のような状況を想定してみます。
  • 自動マウント機能のマップが NIS に格納され、 /etc/nsswitch.conf ファイルには次のようなディレクティブがあるとします。
    automount:    files nis
  • auto.master ファイルには次が含まれます。
    +auto.master
  • NIS の auto.master マップファイルには次が含まれます。
    /home auto.home
  • NIS の auto.home マップには次が含まれます。
    beth        fileserver.example.com:/export/home/beth
    joe        fileserver.example.com:/export/home/joe
    *       fileserver.example.com:/export/home/&
  • /etc/auto.home ファイルマップは存在しません。
このような状況でクライアントシステムが NIS マップの auto.home を無効にして、 ホームのディレクトリーを別のサーバーからマウントする必要があると仮定します。 クライアントは次のような /etc/auto.master マップを使用する必要があります。
/home ­/etc/auto.home
+auto.master
/etc/auto.home マップには次のエントリーが含まれます。
*    labserver.example.com:/export/home/&
自動マウント機能で処理されるのは 1 番目に出現するマウントポイントのみになるため、/home には NIS auto.home マップではなく、/etc/auto.home のコンテンツが含まれます。
一方、サイト全体の auto.home マップにいくつかのエントリーを加えて拡大させたい場合は、 /etc/auto.home ファイルマップを作成して新しいエントリーを組み込み、最後に NIS auto.home マップを組み込みます。/etc/auto.home ファイルマップは次のようになります。
mydir someserver:/export/mydir
+auto.home
ls /home を行うと、 上述の NIS auto.home マップに従い、以下のような出力になります。
beth joe mydir
autofs は読み込み中のファイルマップと同じ名前のファイルマップの内容を組み込まないため、上記の例は期待通りに動作します。このように autofsnsswitch 設定内の次のマップソースに移動します。