Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.4. パーティションのサイズ変更

警告
パーティションが設定されているデバイスが使用中の場合は、サイズを変更しないでください。

手順13.4 パーティションのサイズ

  1. パーティションのサイズを変更する前に、レスキューモードで起動します (または、デバイス上のパーティションをアンマウントして、デバイス上の swap 領域をすべてオフにします)。
  2. parted を起動します。/dev/sda は、パーティションのサイズを変更するデバイスです。
    # parted /dev/sda
  3. 現在のパーティションテーブルを表示して、サイズを変更するパーティションのマイナー番号と、パーティションの開始点と終了点を確認します。
    # print
  4. パーティションのサイズ変更には、サイズ変更 コマンドの後にパーティションのマイナー番号、メガバイトの開始場所、および終了場所(メガバイト単位)を使用します。

    例13.2 パーティションのサイズ

    以下に例を示します。
    resize 3 1024 2048
    警告
    パーティションをデバイスで利用可能な領域よりも大きくすることはできません。
  5. パーティションのサイズ変更後に、print コマンドを使用して、パーティションのサイズが正しく変更されており、正しいパーティションタイプで、ファイルシステムのタイプが正しいことを確認します。
  6. システムを通常モードに再起動したら、df コマンドを使用して、パーティションがマウントされ、新しいサイズで認識されるようにします。