Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.3. パーティションの削除

警告
パーティションが設定されているデバイスが使用中の場合は、削除しないでください。

手順13.3 パーティションの削除

  1. パーティションを削除する前に、レスキューモードで起動します (または、デバイス上のパーティションをアンマウントして、デバイス上の swap 領域をすべてオフにします)。
  2. parted を起動します。/dev/sda は、パーティションを削除するデバイスに置き換えます。
    # parted /dev/sda
  3. 現在のパーティションテーブルを表示して、削除するパーティションのマイナー番号を確認します。
    # print
  4. rm コマンドでパーティションを削除します。例えば、マイナー番号 3 のパーティションを削除するのは以下のコマンドです。
    # rm 3
    変更は Enter を押すと変更が反映されるため、押す前にコマンドを再度確認してください。
  5. パーティションを削除したら、print コマンドを使用して、パーティションテーブルから削除されていることを確認します。また、パーティションが削除されるように、/proc/partitions の出力も表示する必要があります。
    # cat /proc/partitions
  6. 最後の手順では、/etc/fstab ファイルから削除します。削除したパーティションを宣言している行を見つけ、ファイルから削除します。