13.2. パーティションの作成

警告

使用中のデバイスでパーティションを作成しないようにしてください。

手順13.1 パーティションの作成

  1. パーティションを作成する前に、レスキューモードで起動します (または、デバイス上のパーティションをアンマウントして、デバイス上の swap 領域をすべてオフにします)。
  2. partedを開始します。ここで、/dev/sda は、パーティションの作成先となるデバイスです。
    # parted /dev/sda
  3. 十分な空き領域があるかどうか判別するために現在のパーティションテーブルを表示します。
    # print
十分な空き領域がない場合、現在のパーティションのサイズを変更することができます。詳細については 「パーティションのサイズ変更」 を参照してください。

13.2.1. パーティション作成

パーティションテーブルから、新しいパーティションの開始点と終了点、およびパーティションのタイプを決定します。プライマリーパーティションは 1 つのデバイス上に 4 つまで保有できます (拡張パーティションは含まない)。5 つ以上のパーティションが必要な場合は、3 つのプライマリーと 1 つの拡張にして、拡張の中に複数の論理パーティションを含めることができます。ディスクパーティションの概要については、Red Hat Enterprise Linux 6 『インストールガイド』 内の付録 『ディスクパーティションの概要』 を参照してください。
たとえば、ハードドライブの 1024 メガバイトから 2048 メガバイトまでに ext3 ファイルシステムを持つプライマリーパーティションを作成するには、以下のコマンドを入力します。
# mkpart primary ext3 1024 2048

注記

mkpartfs コマンドを代わりに使用する場合、パーティションが作成された後にファイルシステムが作成されます。しかし、parted は ext3 ファイルシステムの作成をサポートしないため、ext3 ファイルシステムを作成する場合には、mkpart を使用してから、後述のように mkfs コマンドを使ってファイルシステムを作成します。
変更は Enter を押した時点に反映されます。そのため、それを実行する前に再確認する必要があります。
パーティションを作成した後には、print コマンドを使用して、それが正しいパーティションタイプ、ファイルシステムタイプ、およびサイズが設定された状態でパーティションテーブル内にあることを確認します。また、新規パーティションのマイナー番号を確認し、その上のファイルシステムにラベル付けできるようにしてください。また、parted を終了した後に cat /proc/partitions の出力を表示して、カーネルが新規のパーティションを認識することを確認します。
parted では、最大 128 のパーティションが作成されます。GPT (GUID Partition Table) の仕様により、パーティションテーブル用に確保するエリアを拡大することでさらに多くのパーティションを作成することができますが、parted で用いられる一般的な方法では、128 パーティション用として十分なエリアに制限されます。