16.2.2. ディスククォータに関するレポート

ディスク使用状況のレポートを作成するには、repquota ユーティリティーの実行が必要になります。

例16.5 repquota コマンドの出力

たとえば、コマンド repquota /home は以下の出力を生成します。
*** Report for user quotas on device /dev/mapper/VolGroup00-LogVol02 
Block grace time: 7days; Inode grace time: 7days
			Block limits			File limits		
User		used	soft	hard	grace	used	soft	hard	grace 
---------------------------------------------------------------------- 
root      --      36       0       0              4     0     0 
kristin   --     540       0       0            125     0     0 
testuser  --  440400  500000  550000          37418     0     0
クォータが有効化されたすべてのファイルシステム (オプション -a) のディスク使用状況レポートを表示するには、以下のコマンドを使用します。
# repquota -a
分かりやすいレポートが表示されますが、ここでいくつかのポイントを説明します。各ユーザーの後に表示される -- はブロックまたは inode が超過しているかどうかを素早く判別するための手段です。どちらかのソフトリミットが超過していると、対応する - の位置に + が表示されます。最初の- はブロックの制限で、2 つ目が inode の制限を示します。
通常、grace 列は空白です。ソフトリミットが超過した場合、この列には猶予期間の残り時間の値に等しい時間指定が含まれます。猶予期間が超過した場合、この位置には none が表示されます。