14.2.7. 論理ボリュームを編集する

LVM ユーティリティーでは、ボリュームグループ内の論理ボリュームを選択し、名前やサイズを変更し、ファイルシステムの各種オプションを指定することができます。この例では、「Backups」という名前の論理ボリュームがボリュームグループの残りの領域に拡張されています。
プロパティの編集 ボタンをクリックすると「論理ボリュームの編集」ポップアップウィンドウが表示されます。このウィンドウから論理ボリュームのプロパティーを編集することができます。このウィンドウでは、変更後のボリュームのマウントや、システムの再起動時のマウントなどを行うことができます。マウントポイントを指定する必要があることに注意してください。指定したマウントポイントがない場合、ポップアップウィンドウが表示され、マウントポイントの作成を求めるプロンプトが出されます。「論理ボリュームの編集」ウィンドウを以下に示します。
論理ボリュームの編集

図14.17 論理ボリュームの編集

ボリュームをマウントする場合は、優先するマウントポイントを示している「マウント」チェックボックスを選択します。システムの再起動時にボリュームのマウントを行う場合は、「再起動時にマウント」チェックボックスを選択します。この例では、新しいボリュームは /mnt/backups にマウントされます。これは、以下の図で説明されています。
論理ボリュームの編集 - マウントオプションを指定する

図14.18 論理ボリュームの編集 - マウントオプションを指定する

以下の図は、論理ボリュームが未使用領域に拡張された後のボリュームグループの論理ビューと物理ビューを示しています。この例では、「Backups」という名前の論理ボリュームが 2 つのハードディスクにまたがっている点に注目してください。LVM を使用すると、ボリュームを 2 つまたはそれ以上の物理デバイスにまたがってストライプ化することができます。
論理ボリュームの編集

図14.19 論理ボリュームの編集