9.7.2. exportfs コマンド

NFS 経由でリモートユーザーにエクスポートされているすべてのファイルシステム、並びにそれらのファイルシステムのアクセスレベルは /etc/exports ファイル内に一覧表示してあります。nfs サービスが開始すると、/usr/sbin/exportfs コマンドが起動してこのファイルを読み込み、実際のマウントプロセスのために制御を rpc.mountd (NFSv2 または NFSv3の場合) とその後にrpc.nfsd に渡します。この時点でファイルシステムがリモートユーザーに使用可能になります。
/usr/sbin/exportfs コマンドを手動で発行すると、root ユーザーは NFS サービスを再開始せずにディレクトリーをエクスポートするか、しないかを選択できるようになります。適切なオプションが与えられると、/usr/sbin/exportfs コマンドはエクスポートしたファイルシステムを /var/lib/nfs/xtab に書き込みます。rpc.mountd はファイルシステムへのアクセス権限を決定する際に xtab ファイルを参照するため、エクスポートしたファイルシステム一覧への変更はすぐに反映されます。
/usr/sbin/exportfs で利用可能な一般的なオプションの一覧は以下のようになります。
-r
/etc/exports 内に一覧表示してあるすべてのディレクトリーから /etc/lib/nfs/xtab 内に新しいエクスポート一覧を構成することにより、それらのディレクトリーがエクスポートされることになります。結果的にこのオプションが /etc/exports 内のいずれかの変更でエクスポート一覧をリフレッシュすることになります。
-a
/usr/sbin/exportfs に渡される他のオプションに応じて、すべてのディレクトリーがエクスポートされるか、またはされないことになります。他のオプションが指定されない場合は、/usr/sbin/exportfs は、/etc/exports 内に指定してあるすべてのファイルシステムをエクスポートします。
-o file-systems
/etc/exports 内に一覧表示されていないエクスポートされるディレクトリーを指定します。file-systems の部分を、エクスポートされるファイルシステムに置き換えます。これらのファイルシステムは、/etc/exports で指定されたものと同じフォーマットでなければなりません。このオプションは、多くの場合エクスポート用ファイルシステム一覧に永久追加する前に、エクスポート予定のファイルシステムをテストするために使用されます。/etc/exports 構文の詳細情報については、/etc/exports 設定ファイル」を参照してください。
-i
/etc/exports を無視します。コマンドラインから出されたオプションのみが、エクスポート用ファイルシステムの定義に使用されます。
-u
すべての共有ディレクトリーをエクスポートしません。コマンド /usr/sbin/exportfs -ua は、すべての NFS デーモンを稼働状態に維持しながら、NFS ファイル共有を保留します。NFS 共有を再度有効にするには、exportfs -r を使用します。
-v
詳細表示を意味します。エクスポート、または非エクスポートのファイルシステムが exportfs コマンドの実行の際により詳細に表示されます。
exportfs コマンドに対してオプションを渡さない場合、コマンドは現在エクスポートされているファイルシステムの一覧を表示します。exportfs コマンドの詳細については、man exportfs を参照してください。

9.7.2.1. NFSv4 で exportfs の使用

Red Hat Enterprise Linux 6 では、提示されるファイルシステムは自動的に同じパスを使用して NFSv2、NFSv3 および NFSv4 クライアントで利用可能になるため、NFSv4 のエクスポートを設定するための特別なステップは必要ありません。これは、以前のバージョンとの相違点です。
クライアントによる NFSv4 の使用を防止するには、/etc/sysconfig/nfsRPCNFSDARGS= -N 4 を選択することにより、それをオフにします。