Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.2. Ext3 ファイルシステムへの変換

tune2fs コマンドは、ext2 ファイルシステムを ext3 に変換します。
注記
Red Hat Enterprise Linux のデフォルトインストールは、すべてのファイルシステムに ext4 を使用します。ただし、ext2 を ext3 に変換するには、tune2fs を使用する前後に、常に e2fsck ユーティリティーを使用してファイルシステムを確認してください。ext2 から ext3 への変換を試みる前に、エラーが発生した場合に備えてすべてのファイルシステムをバックアップしてください。
さらに、Red Hat は、可能な限り ext2 から ext3 に変換するのではなく、新しい ext3 ファイルシステムを作成し、データを移行することを推奨します。
ext2 ファイルシステムを ext3 に変換するには、root としてログインし、ターミナルに以下のコマンドを入力します。
# tune2fs -j block_device
block_device には、変換する ext2 ファイルシステムが含まれます。
有効なブロックデバイスは、以下の 2 種類のエントリーのいずれかになります。
マップされたデバイス
ボリュームグループの論理ボリューム (例: /dev/mapper/VolGroup00-LogVol02)。
静的デバイス
たとえば、/dev/sdbX (sdb はストレージデバイス名で X はパーティション番号) などの従来のストレージボリューム。
df コマンドを実行して、マウントされたファイルシステムを表示します。