16.2. ディスククォータの管理

クォータが実装されている場合には、若干の保守が必要となります — 大半は、クォータの超過監視および精度確認という形となります。
当然ながら、ユーザーが繰り返しクォータを超過したり、常にソフトリミットに達している場合には、ユーザーのタイプや、ユーザーの作業にディスク容量が及ぼす影響の度合に応じて、システム管理者には 2 つの選択肢があります。管理者は、ユーザーが使用するディスク領域を節約する方法をわかるようにするか、ユーザーのディスククォータを拡大するかのいずれかを行うことができます。

16.2.1. 有効化と無効化

クォータはゼロに設定することなく、無効にすることができます。すべてのユーザーとグループのクォータをオフにするには、以下のコマンドを使用します。
# quotaoff -vaug
-u-g のどちらも指定されていない場合、ユーザーのクォータのみが無効になります。-g のみが指定されている場合は、グループのクォータのみが無効になります。-v スイッチはコマンドが実行する際に状態の詳細情報を表示します。
クォータを再度有効にするには、同じオプションで quotaon コマンドを使用します。
たとえば、すべてのファイルシステムにユーザーとグループのクォータを有効にするには、以下のコマンドを使用します。
# quotaon -vaug
/home などの特定のファイルシステムにクォータを有効にするには、以下のコマンドを使用します。
# quotaon -vug /home
-u または -g のどちらも指定されていない場合、ユーザーのクォータのみが有効になります。-g のみが指定されている場合は、グループのクォータのみが有効になります。