パート II. ストレージ管理

ストレージ管理のセクションは、Red Hat Enterprise Linux 6 のストレージに関する考察から始まり、パーティション、論理ボリューム管理、swap パーティションの説明が続きます。次に、ディスククォータ、RAID システムについて説明し、マウントコマンド、volume_key、acl などの機能説明がこれに続きます。その後に、SSD チューニング、書き込みバリア、I/O 制限、ディスクレスシステムについて説明し、オンラインストレージについての詳細な章の後に、Device Mapper のマルチパス化と仮想ストレージについて説明します。
以下の目次でこれらのストレージ管理タスクを確認してください。