Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

パート II. ストレージ管理

「ストレージ管理」のセクションは、Red Hat Enterprise Linux 6 におけるストレージに関する考慮事項から始まります。パーティション、論理ボリューム管理、およびスワップパーティションに関する手順は次のとおりです。ディスククォータ、RAID システムの横には、mount コマンド、volume_key、および acls の関数が続きます。SSD のチューニング、書き込みバリア、I/O 制限およびディスクレスシステムは、これに従います。Online Storage の大きな章は次に行われ、最後にデバイスマッパーのマルチパスおよび仮想ストレージを終了させます。
以下のコンテンツ表を使用して、これらのストレージ管理タスクを確認します。