Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第1章 概要

ストレージ管理ガイド』 には、Red Hat Enterprise Linux 6 でサポートされるファイルシステムおよびデータストレージ機能に関する広範な情報が含まれています。本書は、単一ノード (非クラスター化) ストレージソリューションを管理する管理者向けのクイックリファレンスになります。
ストレージ管理ガイドは、ファイルシステム と ストレージ 管理 の 2 つの部分に分割されます。
「ファイルシステム」のセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 6 がサポートするさまざまなファイルシステムについて詳しく説明します。ファイルシステムについての説明のほか、それらを最大限に活用する方法についても説明します。
ストレージ管理の部分では、Red Hat Enterprise Linux 6 がサポートするさまざまなツールとストレージ管理タスクについて詳しく説明します。ファイルシステムについての説明のほか、それらを最大限に活用する方法についても説明します。

1.1. Red Hat Enterprise Linux 6 の新機能

Red Hat Enterprise Linux 6 におけるファイルシステムの機能拡張の特徴は、以下のとおりです。

ファイルシステムの暗号化(テクノロジープレビュー)

eCryptfsを使用して、マウント時にファイルシステムを暗号化できるようになりました。[1]、実際のファイルシステムに暗号化層を提供します。この「pseudo-file system」を使用すると、ファイル別およびファイル名の暗号化が可能となり、暗号化されたブロックデバイスよりも粒度の細かい暗号化が可能になります。ファイルシステムの暗号化の詳細については、3章暗号化されたファイルシステム を参照してください。

ファイルシステムキャッシング(テクノロジープレビュー)

FS-Cache[1] により、ローカルストレージを使用して、ネットワーク経由で提供されるファイルシステムからデータをキャッシュすることができます(例: NFS を使用)。これは、ネットワークトラフィックを最小限に抑えますが、ネットワークを介したデータへのアクセスは高速化しません。FS-Cacheは、サーバー上のファイルシステムが、オーバーマウントされたファイルシステムを作成することなく、クライアントのローカルキャッシュと直接やりとりすることを可能にします。FS-Cache の詳細は、10章FS-Cache を参照してください。

Btrfs (テクノロジープレビュー)

Btrfs[1] は、現在利用可能なローカルファイルシステムです。これは、LVM 操作の統合を含む、パフォーマンスおよびスケーラビリティーを向上することにあります。Btrfs の詳細は 4章Btrfs を参照してください。

I/O 制限処理

Linux I/O スタックは、それを提供するデバイスの I/O 制限情報を処理できるようになりました。これにより、ストレージ管理ツールが一部のデバイスに I/O を最適化できるようになります。詳細は、23章ストレージ I/O アライメントとサイズ を参照してください。

ext4 サポート

本リリースでは、ext4 ファイルシステムに完全対応しています。Red Hat Enterprise Linux 6 のデフォルトのファイルシステムは、無制限のサブディレクトリーをサポートするようになりました。また、より粒度の細かいタイムスタンプ、拡張属性のサポート、およびクォータジャーナリングも備えています。ext4 の詳細は、6章Ext4 ファイルシステム を参照してください。

ネットワークブロックストレージ

Fibre-channel over Ethernet に対応するようになりました。これにより、fibre-channel インターフェースは、fibre-channel プロトコルを維持しながら 10 Gigabit Ethernet ネットワークを使用できます。この設定方法については、32章イーサネットインターフェース上でのファイバーチャネルの設定 を参照してください。


[1] この機能は、本リリースでは テクノロジープレビューとして提供 されています。テクノロジープレビュー機能は、現在 Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションサービスではサポートされていません。機能的に完全ではないことがあるため、通常は実稼働環境での使用には適していません。ただし、これらの機能はお客様の利便性として含まれ、より優れた公開機能を提供します。
また、完全にサポートされる前に、テクノロジープレビュー機能に関するフィードバックおよび機能についてのご提案をお寄せください。重大度の高いセキュリティー問題に対するエラータが提供されます。