Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第37章 オンライン論理ユニットのサイズ変更

ほとんどの場合、オンラインの 論理ユニット を完全に変更するには、論理ユニット自体のサイズ変更と、対応するマルチパスデバイスのサイズ変更を反映しています(システムでマルチパスが有効になっている場合)。
オンラインの論理ユニットのサイズを変更するには、ストレージデバイスの配列管理インターフェースを使用して、論理ユニットサイズを変更して開始します。この手順はアレイごとに異なります。そのため、詳細については、ストレージアレイベンダーのドキュメントを参照してください。
注記
オンラインファイルシステムのサイズを変更するには、パーティションが設定されたデバイスにファイルシステムを配置しないでください。

37.1. ファイバーチャネル論理ユニットのサイズ変更

オンラインの論理ユニットサイズを変更したら、論理ユニットを再スキャンして、システムが更新されたサイズを検出するようにします。ファイバーチャネルの論理ユニットにこれを行うには、次のコマンドを使用します。
$ echo 1 > /sys/block/sdX/device/rescan
重要
マルチパスを使用するシステムで fibre チャンネルの論理ユニットを再スキャンするには、マルチパスされた論理ユニットのパスを表す、sd デバイス(sd 1、sd2 など)ごとに前述のコマンドを実行します。マルチパス論理ユニットのパスであるデバイスを確認するには、multipath multipath -ll を使用します。次に、サイズ変更している論理ユニットと合致するエントリーを検索します。各エントリーの WWID を参照することが推奨されます。これにより、サイズ変更している論理ユニットと一致するものを簡単に見つけることができます。