Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.7. NFS サーバーの設定

NFS サーバーの設定方法は 2 つあります。
  • NFS の設定ファイル (つまり /etc/exports) を手動で編集する方法。
  • コマンドラインで、コマンド exportfs を使用する方法。

9.7.1. /etc/exports 設定ファイル

/etc/exports ファイルは、リモートホストにどのファイルシステムをエクスポートするかを制御し、オプションを指定します。以下の構文ルールに従います。
  • 空白行は無視する。
  • コメント行は、ハッシュ記号 (#) で始める。
  • 長い行は、バックスラッシュ (\) で改行できる。
  • エクスポートするファイルシステムは、それぞれ 1 行で指定する。
  • 許可するホストの一覧は、エクスポートするファイルシステムの後に空白文字を追加し、その後に追加する。
  • 各ホストのオプションは、ホストの識別子の直後に括弧を追加し、その中に指定する。ホストと最初の括弧の間には空白を使用しない。
エクスポートするファイルシステムの各エントリーは、以下のように指定します。
export host(options)
ここでは、以下のような変数を使用しています。
export
エクスポートするディレクトリー
host
エクスポートを共有するホストまたはネットワーク
オプション
host に使用されるオプション
各ホストにそれぞれオプションを付けて、複数のホストを 1 行で指定することができます。この場合は、以下のように、各ホスト名の後に、そのホストに対するオプションを括弧を付けて追加します。ホストは空白文字で区切ります。
export host1(options1) host2(options2) host3(options3)
ホスト名を指定する別の方法は、「ホスト名の形式」 を参照してください。
最も簡単な方法は、/etc/exports ファイルに、エクスポートするディレクトリーと、そのディレクトリーへのアクセスを許可するホストを指定するだけです。以下の例のようになります。

例9.6 /etc/exports ファイル

/exported/directory bob.example.com
ここでは、bob.example.com は NFS サーバーから /exported/directory/ をマウントできます。この例ではオプションが指定されていないため、NFS はデフォルト設定 を使用します。
デフォルトの設定は以下のようになります。
ro
エクスポートするファイルシステムは読み取り専用です。リモートホストは、このファイルシステムで共有されているデータを変更できません。このファイルシステムで変更 (つまり読み取り/書き込み) を可能にするには、rw オプションを指定します。
sync
NFS サーバーは、以前の要求で発生した変更がディスクに書き込まれるまで、要求に応答しません。代わりに非同期書き込みを有効にするには、async オプションを指定します。
wdelay
NFS サーバーは、別の書き込み要求が差し迫っていると判断すると、ディスクへの書き込みを遅らせます。これにより、複数の書き込みコマンドが同じディスクにアクセスする回数を減らすことができるため、書き込みのオーバーヘッドが低下し、パフォーマンスが向上します。これを無効にするには、no_wdelay を指定します。no_wdelay は、デフォルトの sync オプションが指定されている場合に限り使用できます。
root_squash
(ローカルからではなく) リモート から接続している root ユーザーが root 権限を持つことを阻止します。代わりに、そのユーザーには、NFS サーバーにより、ユーザー ID nfsnobody が割り当てられます。これにより、リモートの root ユーザーの権限を、最も低いローカルユーザーレベルにまで下げて (squash)、高い確率でリモートサーバーへの書き込む権限を与えないようにすることができます。root squashing を無効にするには、no_root_squash を指定します。
(root を含む)すべてのリモートユーザーの権限を下げるには、all _squash を使用します。特定ホストのリモートユーザーに対して、NFS サーバーが割り当てるユーザー ID とグループ ID を指定するには、anonuid オプションと anongid オプションを以下のように使用します。
export host(anonuid=uid,anongid=gid)
uidgid は、それぞれユーザー ID とグループ ID の番号になります。anonuid オプションと anongid オプションにより、共有するリモート NFS ユーザー用に、特別なユーザーアカウントおよびグループアカウントを作成できます。
Red Hat Enterprise Linux の NFS では、デフォルトで アクセス制御リスト (ACLs) に対応しています。この機能を無効にするには、ファイルシステムをエクスポートする際に no_acl オプションを指定します。
エクスポートするすべてのファイルシステムの各デフォルトは、明示的に上書きする必要があります。たとえば、rw オプションを指定しないと、エクスポートするファイルシステムが読み取り専用として共有されます。以下は、/etc/exports の例になりますが、ここでは 2 つのデフォルトオプションを上書きします。
/another/exported/directory 192.168.0.3(rw,async)
この例では、192.168.0.3/another/exported/directory/ の読み書きをマウントでき、ディスクへの書き込みはすべて非同期になります。エクスポートオプションの詳細は、man exportfs を参照してください
さらに、デフォルト値が指定されていないオプションも利用できます。たとえば、サブツリーチェックを無効にする、安全でないポートからのアクセスの許可する、安全でないファイルロックを許可する (一部の初期 NFS クライアント実装で必要) などの機能があります。あまり使用されないオプションの詳細については、man エクスポート を参照してください。
重要
/etc/exports ファイルの形式では、特に空白文字の使用が非常に厳しく扱われます。ホストからエクスポートするファイルシステムの間、そしてホスト同士の間には、必ず空白文字を挿入してください。また、それ以外の場所 (コメント行を除く) には、空白文字を追加しないでください。
たとえば、以下の 2 つの行は意味が異なります。
/home bob.example.com(rw) 
/home bob.example.com (rw)
最初の行は、bob.example.com から /home ディレクトリーへの読み取り/書き込みアクセスのみを許可します。2 番目の行では、bob.example.com からのユーザーにディレクトリーを読み取り専用 (デフォルト) でマウントすることを許可し、その他のユーザーに読み取り/書き込みでマウントすることを許可します。