9.7.5. RDMA 上の NFS

linux カーネル NFS サーバー内で RDMA トランスポートを有効にするには、以下の手順に従います。

手順9.2 サーバーから RDMA を有効化

  1. RDMA rpm がインストールされており、RDMA が有効であることを以下のコマンドを使って確認します。
    # yum install rdma; chkconfig --level 2345 rdma on
  2. nfs-rdma サービスを提供するパッケージがインストールされており、そのサービスが有効であることを以下のコマンドを使って確認します。
    # yum install rdma; chkconfig --level 345 nfs-rdma on
  3. RDMA ポートが優先されるポート (Red Hat Enterprise Linux 6 のデフォルトは 2050) に設定されていることを確認します。これを実行するには、/etc/rdma/rdma.conf ファイルを編集して、NFSoRDMA_LOAD=yes と NFSoRDMA_PORT を必要なポートに設定します。
  4. エクスポートしたファイルシステムを NFS マウント用の標準としてセットアップします。
クライアント側で以下のコマンドを使用します。

手順9.3 クライアントから RDMA を有効化

  1. RDMA rpm がインストールされており、RDMA が有効であることを以下のコマンドを使って確認します。
    # yum install rdma; chkconfig --level 2345 rdma on
  2. マウント呼び出しで RDMA オプションを使用することで、NFS でエクスポートしたパーティションをマウントします。ポートオプションはオプションでその呼び出しに追加できます。
    # mount -t nfs -o rdma,port=port_number