Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.7.5. RDMA 経由の NFS

NFSoRDMA(Remote Direct Memory Access)を介した NFS は、大量のデータを転送する必要がある CPU 集中型のワークロードに適しています。NFSoRDMA は通常 InfiniBand fiber で使用されます。これにより、レイテンシーが低く、パフォーマンスが向上します。RDMA で利用可能なデータ移動オフロード機能は、コピーされたデータ量を減らします。

手順9.2 NFS サーバーでの RDMA トランスポートの有効化

  1. RDMA RPM がインストールされ、RDMA サービスが有効になっていることを確認します。
    # yum install rdma; chkconfig --level 2345 rdma on
  2. nfs-rdma サービスを提供する パッケージがインストールされ、サービスが有効であることを確認します。
    # yum install rdma; chkconfig --level 345 nfs-rdma on
  3. RDMA ポートが推奨されるポートに設定されていることを確認します(Red Hat Enterprise Linux 6 のデフォルトは 2050): /etc/rdma/rdma.conf ファイルを編集してNFSoRDMA_LOAD=yes および NFSoRDMA_PORT を必要なポートに設定します。
  4. NFS マウントでは、エクスポートしたファイルシステムを通常通りセットアップします。

手順9.3 クライアントからの RDMA の有効化

  1. RDMA RPM がインストールされ、RDMA サービスが有効になっていることを確認します。
    # yum install rdma; chkconfig --level 2345 rdma on
  2. マウント呼び出しで RDMA オプションを使用して、NFS でエクスポートされたパーティションをマウントします。port オプションは、任意で呼び出しに追加できます。
    # mount -t nfs -o rdma,port=port_number