9.3. NFS クライアントの設定

mount コマンドの使用でクライアント側に NFS 共有をマウントします。その形式は次のようになります。
# mount -t nfs -o options host:/remote/export /local/directory
このコマンドは以下のような変数を使用します。
options
マウントオプションのカンマ区切りの一覧です。有効な NFS マウントオプションについては、「一般的な NFS マウントオプション」 を参照してください。
サーバー
マウント予定のファイルシステムをエクスポートするサーバーのホスト名、IP アドレス、または完全修飾型ドメイン名
/remote/export
サーバーからエクスポートされるファイルシステム/ディレクトリー、つまり、マウントするディレクトリー
/local/directory
/remote/export をマウントする必要のあるクライアントの場所
Red Hat Enterprise Linux 6 で使用される NFS プロトコルのバージョンは、mount オプション nfsvers、またはvers で識別できます。デフォルトでは、mount は、mount -t nfs の形で NFSv4 を使用します。サーバーが NFSv4 をサポートしない場合は、サーバーでサポートされているバージョンにクライアントが自動的に格下げをします。nfsvers/vers オプションを使用して、サーバーでサポートされない特定のバージョンを渡すと、マウントは失敗します。さらに、ファイルシステムタイプ nfs4 も、レガシー用に使用可能です。これは、mount -t nfs -o nfsvers=4 host:/remote/export /local/directory の実行と同じ意味を持ちます。
詳細情報については、man mount を参照してください。
NFS 共有が手動でマウントされると、その共有は次のブートでは自動的にマウントされません。Red Hat Enterprise Linux はブート時にリモートファイルシステムを自動的にマウントするために以下の 2 つの方法を提供します。/etc/fstab ファイルと autofs サービスです。詳細については、/etc/fstab を使用した NFS ファイルシステムのマウント」autofs を参照してください。

9.3.1. /etc/fstab を使用した NFS ファイルシステムのマウント

別のマシンから NFS 共有をマウントする代替方法の1つとして、/etc/fstab ファイルに行を追加する方法があります。その行は、NFS サーバーのホスト名、サーバー上のエクスポートされるディレクトリー、および NFS 共有がマウントされるローカルマシン上のディレクトリーを記述している必要があります。/etc/fstab ファイルを修正するには root でなければなりません。

例9.1 構文の例

/etc/fstab 内に入れる行の一般的な構文は以下のようになります。 
server:/usr/local/pub    /pub   nfs    defaults 0 0
マウントポイントである /pub はこのコマンドを実行する前にクライアントマシン上に存在しなければなりません。クライアントシステムの /etc/fstab にこの行を追加した後は、コマンド mount /pub を使用すると、マウントポイント /pub がサーバーからマウントされます。
/etc/fstab ファイルは、ブート時に netfs サービスによって参照されます。そのため、 NFS 共有を参照する行は、ブートプロセス中に手動で mount コマンドを入力するのと同じ効果を発揮します。
NFS エクスポートをマウントするための有効な /etc/fstab エントリーには、以下の情報が含まれている必要があります。
server:/remote/export /local/directory nfs options 0 0
変数である、server/remote/export/local/directory、および options は手動で NFS 共有をマウントする際に使用するものと同じです。各変数の定義については、「NFS クライアントの設定」 を参照してください。

注記

マウントポイント /local/directory は、/etc/fstab が読み込まれる前にクライアント上に存在しなければなりません。そうでないと、マウントは失敗します。
/etc/fstab の詳細情報については、man fstab を参照してください。