25.2.2. iSCSI ターゲットの設定

新しいターゲットの追加

新しい iSCSI ターゲットを追加する場合は /etc/tgt/targets.conf 設定ファイルを編集します。このファイルにはいろいろな設定オプションのサンプルが含まれています。サンプルはすべてコメントアウトされています。

基本的なターゲットは次のように定義することができます。

例25.2 基本的なターゲット

<target iqn.2008-09.com.example:server.target1>
    backing-store /srv/images/iscsi-share.img
    direct-store /dev/sdd
</target>
上記の例では LUN を 2 つ持っている単一ターゲットを定義しています。LUN については バッキングストアダイレクトストア のいずれかに記載されています。バッキングストアとはファイルまたはブロックデバイスを指し、ダイレクトストアはローカルの SCSI デバイスになります。シリアル番号やベンダー名などのデバイスパラメーターが新しい iSCSI LUN に渡されます。
tgtd サービスを開始する

tgtd サービスを開始するには次を実行します。

service tgtd start
tgtd サービスを停止する

tgtd サービスを停止するには次を実行します。

service tgtd stop
開かれている接続がある場合は次を使用します。
service tgtd force-stop

警告

このコマンドを使うことによりすべてのターゲットアレイが終了します。