Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

27.2. iSCSI イニシエーターの作成

iSCSI イニシエーターは、ターゲットまたはサーバーのストレージにアクセスしたいクライアントです。このプロセスには、ターゲットの IP アドレスが認識される必要があります。

手順27.2 iSCSI イニシエーターの作成

  1. iscsi-initiator-utils をインストールします。
    ~]# yum install iscsi-initiator-utils
  2. ターゲットを検出します。ターゲットの IP アドレスを使用します。以下に使用されている IP アドレスは、例としてのみ提供されます。
    ~]# iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p 192.168.1.1
    Starting iscsid:     [ OK ]
    192.168.1.1:3260,1 iqn.2015-06.com.example.test:target1
    
    上記は、ターゲットの IP アドレスと IQN アドレスを示しています。これは、今後のステップに必要な IQN アドレスです。
  3. ターゲットに接続します。
    ~]# iscsiadm -m node -T iqn.2015-06.com.example:target1 --login
    Logging in to [iface: default, target: iqn.2015-06.com.example:target1, portal: 192.168.1.1,3260] (multiple)
    Login in to [iface: default, target: iqn.2015-06.com.example:target1, portal: 192.168.1.1,3260] successful.
    
  4. iSCSI ディスク名を検索します。
    ~]# grep "Attached SCSI" /var/log/messages
    Jun 19 01:30:26 test kernel: sd 7:0:0:1 [sdb] Attached SCSI disk
    
  5. そのディスクにファイルシステムを作成します。
    ~]# mkfs.ext4 /dev/sdb
  6. ファイルシステムをマウントします。
    ~]# mkdir /mnt/iscsiTest
    ~]# mount /dev/sdb /mnt/iscsiTest
    
  7. /etc/fstab ファイルを編集して、再起動後も持続します。
    ~]# blkid /dev/sdb
    /dev/sdb: UUID="766a3bf4-beeb-4157-8a9a-9007be1b9e78" TYPE="ext4"
    ~]# vim /etc/fstab
    UUID=766a3bf4-beeb-4157-8a9a-9007be1b9e78	/mnt/iscsiTest	ext4	_netdev	0 0