12.2.2. XFS

ブート時に修復は自動的に行なわれません。ファイルシステムのチェックまたは修復を開始するには、xfs_repair ツールが使用されます。

注記

fsck.xfs バイナリーは xfsprogs パッケージにありますが、これは、ブート時に fsck.filesystem バイナリーを検索する initscript に対応するためにのみ存在します。fsck.xfs は、出口コードとして 0 を設定して終了します。
留意すべきもう 1 つの点として、古い xfsprogs パッケージにはxfs_check ツールが含まれます。このツールは非常にスピードが遅く、大きなファイルシステムに対して十分な拡張性がありません。そのため、xfs_repair -n が優先的に選択され、これは非推奨になっています。
ファイルシステム上のクリーンログは xfs_repair が動作するために必要です。ファイルシステムがクリーンな状態でアンマウントされなかった場合、xfs_repair を使用する前に、マウントとアンマウントが実行される必要があります。ログが破損していて再生できない場合、-L オプションを使用してログをゼロ化できます。

重要

-L オプションは、ログを再生できない場合にのみ使用する必要があります。このオプションは、ログ内のすべてのメタデータの更新を破棄し、結果としてさらに不整合を生じさせます。
-n オプションを使用して、Dry Run で、チェックのみモードの xfs_repair を実行することができます。このオプションが指定されると、ファイルシステムに一切の変更は行なわれません。
xfs_repair で使用できるオプションは非常に限られています。共通に使用されるオプションには以下が含まれます。
-n
変更不可モードです。チェックのみの操作です。
-L
メタデータログがゼロになります。マウントによってログを再生できない場合にのみ使用します。
-m maxmem
最大 MB の実行時に使用されるメモリーを制限します。必要な最小メモリーの概算を出すために 0 を指定できます。
-l logdev
外部ログデバイス (ある場合) を指定します。
xfs_repair のすべてのオプションが xfs_repair(8) man ページで指定されます。
以下の 8 つの基本フェーズが、実行中に xfs_repair によって実施されます。
  1. Inode および inode ブロックマップ (アドレス指定) のチェック。
  2. Inode 割り当てマップのチェック。
  3. Inode サイズのチェック。
  4. ディレクトリーのチェック。
  5. パス名のチェック。
  6. リンク数のチェック。
  7. フリーマップのチェック。
  8. スーパーブロックのチェック。
これらのフェーズについては、操作時に出力されるメッセージと共に、xfs_repair(8) man ページに詳細にわたって説明されています。
xfs_repair はインタラクティブな操作ではありません。すべての操作は、ユーザーの入力なしに自動的に実行されます。
診断またはテスト目的で、修復前のメタデータイメージを作成する必要がある場合は、xfs_metadump(8) および xfs_mdrestore(8) ユーティリティーを使用することができます。