10.3.2. NFS でのキャッシュの制限

ダイレクト I/O で共有ファイルシステムからファイルを開くと自動的にキャッシュが回避されます。この種のアクセスはサーバーに直接行なわれる必要があるためです。
書き込みで共有ファイルシステムからファイルを開いても NFS のバージョン 2 およびバージョン 3 では動作しません。これらのバージョンのプロトコルは、クライアントが別のクライアントからの同じファイルへの同時書き込みを検出するのに必要な整合性の管理に関する十分な情報を提供しません。
このように、ダイレクト I/O または書き込みのいずれかで共有ファイルシステムからファイルが開かれると、キャッシュされているファイルのコピーはフラッシュされます。ダイレクト I/O や書き込みの動作によってファイルが開かれなくなるまで、FS-Cache はそのファイルの再キャッシュを行いません。
また、FS-Cache の今回のリリースでは通常の NFS ファイルのみをキャッシュします。FS-Cache はディレクトリーやシムリンク、デバイスファイル、FIFO、ソケットなどは キャッシュしません