Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.2. DM Multipath

Device Mapper Multipath(DM-Multipath)は、サーバーノードとストレージアレイ間の複数の I/O パスを 1 つのデバイスに設定することができる機能です。これらの I/O パスは、個別のケーブル、スイッチ、コントローラーを含むことができる物理的な SAN 接続です。複数の I/O パスを集め、集めたパスで構成される新しいデバイスを 1 つ作成するのがマルチパス機能です。
DM Multipath は、主に以下の理由に使用されます。
冗長性
DM-Multipath は、アクティブ/パッシブ構成でフェイルオーバーを提供できます。アクティブ/パッシブ構成では、パスは、I/O には常に半分しか使用されません。I/O パスの要素 (ケーブル、スイッチ、またはコントローラー) に障害が発生すると、DM-Multipath は代替パスに切り替えます。
パフォーマンスの向上
DM-Multipath を active/active モードに設定すると、I/O はラウンドロビン式でパス全体に分散されます。一部の設定では、DM Multipath は I/O パスの負荷を検出し、負荷を動的に再分散できます。
重要
お使いの環境での DM Multipath のデプロイメントおよび設定に関する包括的な情報は、Red Hat 『が提供する DM Multipath の使用』 ガイドを参照してください。