16.2.3. 正確なクオータの維持

ファイルシステムが正常にアンマウントできなかった場合 (システムクラッシュが原因の場合など) に、quotacheck を実行する必要があります。しかし、システムがクラッシュしていない場合でも quotacheck は定期的に実行することができます。quotacheck を定期的に実行する際の安全な方法には以下が含まれます。
次回の再起動時に quotacheck を確実に実行する

注記

この方法は、定期的に再起動される (ビジーな) 複数ユーザーシステムに最も適しています。
root として、touch /forcequotacheck コマンドを含んだシェルスクリプトを、/etc/cron.daily/ または /etc/cron.weekly/ ディレクトリーに配置するか、あるいは crontab -e コマンドを使用して上記のコマンドを含むスクリプトをスケジュールします。このスクリプトは root ディレクトリーに空の forcequotacheck ファイルを作成するため、起動時にシステムの init スクリプトがそれを検索します。それが発見されると init スクリプトは quotacheck を実行します。その後、init スクリプトは /forcequotacheck ファイルを削除します。このように、cron でこのファイルが定期的に作成されるようにスケジュールすることにより、次回の再起動時に quotacheck を確実に実行することができます。
cron についてさらに詳しくは、man cron を参照してください。
シングルユーザーモードで quotacheck の実行
quotacheck を安全に実行する別の方法として、クオータファイルのデータ破損の可能性を回避するためにシングルユーザーモードでシステムを起動して、以下のコマンドを実行する方法があります。
# quotaoff -vaug /file_system
# quotacheck -vaug /file_system
# quotaon -vaug /file_system
実行中のシステム上で quotacheck を実行
必要な場合には、いずれのユーザーもログインしておらず、チェックされているファイルシステムに開いているファイルがない状態のマシン上で quotacheck を実行することができます。quotacheck -vaug file_system コマンドを実行します。このコマンドは、quotacheck が指定の file_system を読み込み専用として再マウントできない場合に失敗します。チェックの後には、ファイルシステムは読み込み/書き込みとして再マウントされることに注意してください。

警告

読み込み/書き込みでマウントされているライブのファイルシステム上での quotacheck の実行は、quota ファイルが破損する可能性があるため、推奨されません。
cron の設定方法についてさらに詳しくは、man cron を参照してください。