Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

37.3. マルチパスデバイスのサイズの更新

システムでマルチパスが有効になっている場合は、論理ユニットサイズの論理ユニットサイズの変更を論理ユニットの対応するマルチパスデバイスに反映させる必要があります(論理ユニットのサイズ変更 )。Red Hat Enterprise Linux 5.3(以降)の場合は、multipathd を使用してこれを実行できます。そのためには、最初に service multipathd status のステータスを使用して、multipathd が実行していることを確認します。multipathd が動作していることを確認したら、以下のコマンドを実行します。
# multipathd -k"resize map multipath_device"
multipath_device 変数は、/dev/mapper 内のデバイスの対応するマルチパスエントリーです。マルチパスがシステムでどのように設定されているかに応じて、multipath_device は 2 つの形式のいずれかになります。
  • mpathXX は、デバイスの対応するエントリーです(例: mpath0)
  • WWID(例: 3600508b400105e210000900000490000
マルチパスエントリーのサイズを変更している論理ユニットを確認するには、multipath -ll を実行します。これにより、システム内の既存のマルチパスエントリーの一覧と、対応するデバイスのメジャー番号およびマイナー番号が表示されます。
重要な影響
multipath_deviceに置かれたコマンドがある場合は、multipathd -k"resize マップ multipath_device を使用しないでください。つまり、(/etc/multipath.conf で) no_path_retry パラメーターを "queue" に設定し、デバイスへのアクティブなパスがない場合は、このコマンドを使用しないでください。
システムが Red Hat Enterprise Linux 5.0-5.2 を使用している場合は、multipathd デーモンに、サイズを変更した論理ユニットに行った変更を認識(調整)するよう指示する必要があります。

手順37.1 Corresponding Multipath デバイスのサイズ変更(Red Hat Enterprise Linux 5.0 - 5.2 で必須)

  1. 以下を使用して、マルチパスを設定したデバイスのデバイスマッパーテーブルをダンプします。
    dmsetup table multipath_device
  2. ダンプされたデバイスマッパーテーブルを table_name として保存し ます。このテーブルはリロードされ、後で編集されます。
  3. デバイスマッパーの表を確認します。各行の最初の 2 つの数字は、それぞれディスクの最初と終了セクターに対応します。
  4. デバイスマッパーのターゲットを一時停止します。
    dmsetup suspend multipath_device
  5. 先に保存したデバイスマッパーテーブル(例: table_name)を開きます。ディスク内で 512 バイトのセクター数を反映するために 2 番目の数(ディスク終了セクターなど)を変更します。たとえば、新規ディスクサイズが 2GB の場合は、2 番目の数を 4194304 に変更します。
  6. 変更したデバイスマッパー表を再読み込みします。
    dmsetup reload multipath_device table_name
  7. デバイスマッパーのターゲットを再開します。
    dmsetup resume multipath_device
マルチパスの詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 6 DM Multipath』 ガイドを参照してください。