Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.2. pNFS

NFS v4.1 標準の一部として Parallel NFS(pNFS)のサポートは、Red Hat Enterprise Linux 6.4 以降で利用できます。pNFS アーキテクチャーは NFS の拡張性を向上させるため、パフォーマンスが強化される場合もあります。つまり、サーバーが pNFS も実装した場合、クライアントは同時に複数ソースを介してデータにアクセスできるようになります。
この機能を有効にするには、pNFS 対応のサーバーからのマウントに -o v4.1 マウントオプションを使用します。
サーバーで pNFS を有効にすると、最初のマウント時に nfs_layout_nfsv41_files カーネルが自動的に読み込まれます。モジュールが正常にロードされると、以下のメッセージが /var/log/messages ファイルに記録されます。
kernel: nfs4filelayout_init: NFSv4 File Layout Driver Registering...
NFSv4.1 マウントが正常に行われたことを確認するには、以下を実行します。
$ mount | grep /proc/mounts
重要
サーバーおよびクライアントが NFS v4.1 以降をネゴシエートすると、利用可能な場合は pNFS を活用します。クライアントおよびサーバーはどちらも同じ「layout タイプ」をサポートする必要があります。使用できるレイアウトタイプには、ファイルブロックオブジェクト、柔軟性ファイル および SCSI が含まれます。
Red Hat Enterprise Linux 6.4 以降、クライアントは ファイルレイアウトタイプのみをサポートし、サーバーが files レイアウト タイプも対応する場合に限り pNFS を使用します。Red Hat は、Red Hat Enterprise Linux 6.6 以降でのみ、ファイル プロファイルを使用することを推奨します。
pNFS の詳細は を参照してください http://www.pnfs.com