9.2. pNFS

Red Hat Enterprise Linux 6.4 から、NFS v4.1 標準の一部として Parallel NFS (pNFS) に対応しています。pNFS アーキテクチャーは、NFS の拡張性を向上させ、それに加えてパフォーマンスが強化される場合もあります。つまり、サーバーが pNFS も実装した場合、クライアントは同時に複数サーバーを介してデータにアクセスできるようになります。3 つのストレージプロトコルまたはレイアウト (ファイル、オブジェクト、ブロック) に対応します。
この機能を有効にするには、pNFS が有効にされているサーバーからのマウントで以下のマウントオプションのいずれかを使用してください。
-o minorversion=1
または
-o v4.1
サーバーで pNFS が有効にした後、 nfs_layout_nfsv41_files カーネルは最初のマウントで自動的に読み込まれます。以下のコマンドを使用してモジュールが読み込まれたことを確認します。
$ lsmod | grep nfs_layout_nfsv41_files
NFSv4.1 マウントが成功したことを確認するもう 1 つの方法として、mount コマンドを使用することができます。出力に表示されるマウントのエントリーには minorversion=1 が含まれているはずです。

重要

このプロトコルでは、 ファイル、 オブジェクトそしてブロックの 3 種類の pNFS レイアウトタイプが使用できます。 ただし、 Red Hat Enterprise Linux 6.4 クライアントで対応できるのはファイルのレイアウトタイプのみとなるため、 pNFS が使用されるのはサーバーでもファイルのレイアウトタイプをサポートしている場合に限られます。
pNFS の詳細情報は、http://www.pnfs.com を参照してください。