Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第17章 RAID (Redundant Array of Independent Disks)

RAID の登場した背景には、容量が小さく手頃なディスクドライブを複数集めてアレイに結合させ、容量が大きく高価なドライブに負けないパフォーマンスと冗長性を実現しようとする動きがありました。この複数のデバイスからなるアレイは、コンピューター上では単一の論理ストレージユニットまたはドライブとして表されます。

17.1. RAID とは

RAID では複数のディスクに情報を拡散させることができます。ディスクのストライピング (RAID レベル 0)、ディスクのミラーリング (RAID レベル 1)、パリティーによるディスクのストライピング (RAID レベル 5) などの技術を使用して冗長性を得ながら待ち時間を抑え、帯域幅を増幅させることでハードディスクがクラッシュした場合の復元力を最大限に引き出します。
データは、一貫して同じサイズの大きさのチャンク (通常は 256K または 512K、 ただし他の値も可) に分割され、 アレイ内の各ドライブに分散されます。 各チャンクは導入している RAID レベルに応じて RAID アレイ内のハードドライブに書き込まれます。 データが読み込まれるとこのプロセスが逆をたどります。 その動作はアレイ内の複数のドライブがまるで一台の大容量ドライブであるかのように見えます。