Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第27章 iSCSI ターゲットおよびイニシエーターの設定

注記
多数の iSCSI LUN を使用して hal デーモンを使用する場合は、ブートが失敗しないように --child-timeout オプションを使用する必要があります。--child-timeout オプションは、すべてのディスクプローブの実行を待つ秒数を設定します。たとえば、hal デーモンが 10 分と 30 秒待機するように強制するには、このオプションは --child-timeout=630 を読み取ります。デフォルトの時間は 250 秒です。これは、hal デーモンの起動に時間がかかることを意味しますが、すべてのディスクデバイスが認識され、起動の失敗を防ぐために十分な時間を確保できます。
この回避策の理由は、hal デーモンが作成する際に 2003 では目立つために、これは dozen iSCSI ディスク以上のものを持つためです。このため、hal デーモンは Red Hat Enterprise Linux 7 で削除され、udisks に置き換えられました。
詳細は、以下の Red Hat ナレッジベースソリューション「hal daemon fails to start on system with a large many disks in RHEL 5 and RHEL 6」を参照してください。

27.1. iSCSI ターゲットの作成

iSCSI ターゲットは、ネットワーク内の専用の物理デバイスか、ネットワークストレージサーバー上にある iSCSI ソフトウェア構成の論理デバイスになります。ターゲットは、SCSI バス通信内のエンドポイントです。イニシエーターによってアクセスされるターゲット上のストレージは、LUN で定義されます。

手順27.1 iSCSI ターゲットの作成

  1. scsi-target-utils をインストールします。
    ~]# yum install scsi-target-utils
  2. ファイアウォールでポート 3260 を開きます。
    ~]# iptables -I INPUT -p tcp -m tcp --dport 3260 -j ACCEPT
    ~]# service iptables save
    
  3. ターゲットサービスを開始して有効にします。
    ~]# service tgtd start
    ~]# chkconfig tgtd on
    
  4. LUN にストレージを割り当てます。この例では、ブロックストレージ用に新しいパーティションが作成されます。
    ~]# fdisk /dev/vdb
    Welcome to fdisk (util-linux 2.23.2).
    
    Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
    Be careful before using the write command.
    
    Device does not contain a recognized partition table
    Building a new DOS disklabel with disk identifier 0x43eb8efd.
    
    Command (m for help): n
    Partition type:
       p   primary (0 primary, 0 extended, 4 free)
       e   extended
    Select (default p): *Enter*
    Using default response p
    Partition number (1-4, default 1): *Enter*
    First sector (2048-2097151, default 2048): *Enter*
    Using default value 2048
    Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (2048-2097151, default 2097151): +250M
    Partition 1 of type Linux and of size 250 MiB is set
    
    Command (m for help): w
    The partition table has been altered!
    
    Calling ioctl() to re-read partition table.
    Syncing disks.
    
  5. /etc/tgt/targets.conf ファイルを編集し、ターゲットを作成します。
    ~]# cat /etc/tgt/targets.conf
    ...
    default-driver iscsi
    <target iqn.2015-06.com.example.test:target1>
    	backing-store /dev/vdb1
    	initiator-address 10.10.1.1
    </target>
    
    上記の例では、1 つのバッキングストアと許可されたイニシエーター 1 つを含む簡単なターゲットが作成されます。YYYY-MM.reverse.domain.name : OptionalIdentifierの形式で、iqn の名前を指定して 名前を指定する必要があります。バッキングストアは、ストレージが置かれているデバイスです。initiator-address は、ストレージにアクセスするためのイニシエーターの IP アドレスです。
  6. ターゲットサービスを再起動します。
    ~]# service tgtd restart
    Stopping SCSI target daemon:     [ OK ]
    Starting SCSI target daemon:     [ OK ]
    
  7. 設定を確認します。
    ~]# tgt-admin --show
    Target 1: iqn.2015.06.com.example.test: server
    	System information:
    		Driver: iscsi
    		State: ready
    	I_T nexus information:
    	LUN information:
    		Lun: 0
    			Type: controller
    			SCSI ID: IET    00010000
    			SCSI SN: beaf10
    			Size: 0 MB, Block size: 1
    			Online: Yes 
    			Removable media: No
    			Prevent removal: No
    			Readonly: No
    			Backing store type: null
    			Backing store path: None
    			Backing store flags:
    		LUN: 1
    			Type: disk
    			SCSI ID: IET     00010001
    			SCSI SN: beaf11
    			Size: 2147 MB, Block size: 512
    			Online: Yes
    			Removable media: No
    			Prevent removal: No
    			Readonly: No
    			Backing store type: rdwr
    			Backing store path: /dev/vdb1
    			Backing store flags:
    	Account information:
    	ACL information:
    		10.10.1.1