第11章 ストレージをインストールする際の注意点

ストレージデバイスやファイルシステムの設定の多くはインストール時にしか実行することができません。ファイルシステムタイプなどの他の設定については、再フォーマットせずに変更できるのは特定の時点までになります。このようにストレージの設定については Red Hat Enterprise Linux 6 をインストールする前に慎重に計画する必要があります。
本章ではシステムのストレージ設定を計画する際の注意点について説明しています。実際のインストール方法については (インストール時のストレージ設定も含む)、Red Hat 提供の 『インストールガイド』 を参照してください。

11.1. インストール時のストレージ設定に関する更新情報

Red Hat Enterprise Linux 6 では、以下の設定/デバイスのインストール時の設定が更新されています。
イーサネット経由のファイバーチャネル (FCoE)

インストール中に Anaconda で FCoE ストレージデバイスを設定できるようになります。

ストレージデバイスをフィルターするインターフェース

Anaconda が改良されインストール時に使用するストレージデバイスをコントロールできるようになります。 システムストレージ用に使用するデバイス選択に加え、 インストーラーに対して使用可能にするデバイス、 または表示可能にするデバイスをコントロールできるようになります。 デバイスのフィルターには 2 種類あります。

基本的なパス
ストレージデバイスとしてローカルに接続されたディスクやファームウェア RAID アレイのみを使用するシステム向け
高度なパス
SAN (マルチパス、 iSCSI、 FCoE など) を使用するシステム向け
自動パーティション設定と /home

LVM の物理ボリュームに 50 GB 以上の割り当てができる場合、 自動パーティション設定機能により /home ファイルシステム用の論理ボリュームが別途作成されるようになります。 /home 用の論理ボリュームが個別に作成される場合は、 root ファイルシステム (/) は最大 50GB に制限されます。 ただし、 /home の論理ボリュームはボリュームグループ内に残っている全領域を占めるまで増大します。