第4章 Btrfs

Btrfs は活発な開発が進められている新しいローカルファイルシステムです。パフォーマンスと拡張性を向上させ、ユーザーに役に立つファイルシステムとなります。

注記

Btrfs は現時点では実稼動用のファイルシステムではありません。Red Hat Enterprise Linux 6 では、これはテクニカルプレビューの段階にあり、Intel 64 および AMD64 向けにのみビルドされています。

4.1. Btrfs の機能

複数のユーティリティーが、システム管理者の管理作業を軽減する目的で Btrfs にビルドされています。これらには以下が含まれます。
ビルトインのシステムロールバック
ファイルシステムのスナップショットを使うと、障害が発生した場合にも、システムを障害発生の良好な状態に戻すことができます。
ビルトインの圧縮
これにより、領域を簡単に節約できるようになります。
チェックサムの機能
エラー検出が向上します。
固有の機能には、以下のような統合された LVM 動作が含まれます。
  • 新しいストレージデバイスのオンラインによる動的な追加や削除
  • コンポーネントデバイス全体にわたる RAID の内部サポート
  • メータデータやユーザーデータに異なる RAID レベルを使用する機能
  • すべてのメタデータおよびユーザーデータに対する完全なチェックサム機能