Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第31章 ストレージデバイスまたはパスの追加

デバイスを追加する場合、パスベースのデバイス名(/dev/sd 名、major:minor 番号、および /dev/disk/by-path 名)は、システムが新しいデバイスに割り当てると、新しいデバイスに割り当てると、削除以降以降のデバイスにより使用されていた可能性があることに注意してください。そのため、パスベースのデバイス名への古い参照がすべて削除されていることを確認します。そうしないと、古いデバイスの新しいデバイスが間違っている可能性があります。

手順31.1 ストレージデバイスまたはパスの追加

  1. ストレージデバイスまたはパスを追加する最初の手順は、新しいストレージデバイスまたは既存のデバイスへの新規パスへのアクセスを物理的に有効にすることです。これは、ファイバーチャネルまたは iSCSI ストレージサーバーでベンダー固有のコマンドを使用します。これを実行する際には、ホストに表示される新規ストレージの LUN 値を書き留めておいてください。ストレージサーバーがファイバーチャネルである場合、ストレージサーバーの World Wide Node Name (WWNN)にも認識し、ストレージサーバーにあるすべてのポートに WWNN が 1 つあるかどうかを確認します。そうでない場合は、新しい LUN へのアクセスに使用される各ポートの World Wide Port Name (WWPN) をメモします。
  2. 次に、オペレーティングシステムが新しいストレージデバイスまたは既存デバイスへのパスを認識させます。使用が推奨されるコマンドは以下のとおりです。
    $ echo "c t l" >  /sys/class/scsi_host/hosth/scan
    
    上記のコマンドでは、h HBA 番号、c HBA のチャンネル、t SCSI ターゲット ID で、l が LUN になります。
    注記
    このコマンドの古い形式である echo "scsi add-single-device 0 0 0 0" > /proc/scsi/scsi は非推奨となりました。
    1. 一部のファイバーチャネルハードウェアでは、LIP(Loop Initialization Protocol )操作を実行するまで、RAID アレイで新たに作成された LUN がオペレーティングシステムに表示されません。これを行う方法については、34章ストレージ Interconnect のスキャン を参照してください。
      重要
      LIP が必要な場合、この操作を実行する前に I/O を停止する必要があります。
    2. 新しい LUN が RAID アレイに追加され、オペレーティングシステムによって設定されていない場合には、sg3_utils パッケージの一部で、sg _luns コマンドを使用して、アレイでエクスポートされる LUN の一覧を確認します。これにより、SCSI REPORT LUNS コマンドを RAID アレイに発行し、存在する LUN の一覧を返します。
    すべてのポートに単一の WWNN が実装されているファイバーチャネルストレージサーバーの場合は、sysfs で WWNN を検索することで、正しい hc、および t の値 (すなわち、HBA 番号、HBA チャンネル、SCSI ターゲット ID) を決定することができます。

    例31.1 Determin correct hc、および t の値

    たとえば、ストレージサーバーの WWNN が 0x5006016090203181 の場合、以下を使用します。
    $ grep 5006016090203181 /sys/class/fc_transport/*/node_name
    
    これにより、以下のような出力が表示されるはずです。
    /sys/class/fc_transport/target5:0:2/node_name:0x5006016090203181 
    /sys/class/fc_transport/target5:0:3/node_name:0x5006016090203181 
    /sys/class/fc_transport/target6:0:2/node_name:0x5006016090203181 
    /sys/class/fc_transport/target6:0:3/node_name:0x5006016090203181
    これは、このターゲットに対する 4 つのファイバーチャネルルートがあることを示します(それぞれが 2 つのファイバーチャネル HBA。それぞれが 2 つのストレージポートになります)。LUN の値が 56 の場合、以下のコマンドは最初のパスを設定します。
    $ echo "0 2 56" >  /sys/class/scsi_host/host5/scan
    
    これは、新規デバイスへのパスごとに行う必要があります。
    すべてのポートに単一の WWNN を実装しないファイバーチャネルストレージサーバーの場合、sysfs で各 WWPN を検索して、正しい HBA 番号、HBA チャネル、および SCSI ターゲット ID を確認できます。
    HBA 番号、HBA チャネル、および SCSI ターゲット ID を決定する別の方法は、新規デバイスと同じパスに設定されている別のデバイスを参照することです。これは、lsscsi、scsi _idmultipath -l、ls -l /dev/disk/by-* など、さまざまなコマンドで実行できます。この情報および新規デバイスの LUN 番号が上記のように使用して、新しいデバイスへのパスをプローブおよび設定できます。
  3. デバイスへの SCSI パスを追加したら、multipath コマンドを実行して、デバイスが正しく設定されていることを確認します。この時点で、デバイスは md、LVM、mkfs、または mount に追加できます。
上記の手順の後には、実行中のシステムにデバイスを安全に追加できます。この場合、他のデバイスへの I/O を停止する必要はありません。SCSI バスの再スキャン(またはリセット)に関連するその他の手順により、オペレーティングシステムが現在のデバイスの接続を反映するように状態を更新できるようになります。ストレージ I/O が進行中の場合には推奨されません。