20.6. 旧システムとの互換性

ACL が所定のファイルシステム上のいずれかのファイルに設定されている場合、そのファイルシステムは ext_attr 属性を持ちます。この属性は、以下のコマンドを使用することがあります。
# tune2fs -l filesystem-device
ext_attr の属性を取得したファイルシステムは、古いカーネルでマウントができますが、それらのカーネルは設定されている ACL のいずれも強制しません。
バージョン 1.22 以降の e2fsprogs パッケージ (Red Hat Enterprise Linux 2.1 および 4 内のバージョンも含む) に含まれている e2fsck ユーティリティーのバージョンは、ext_attr 属性を使用してファイルシステムをチェックすることができます。古いバージョンはこのチェックを拒否します。