3.2.2. RT の調整可能なパラメーター

RT スケジューラーは CFS の上限適用の制御 (詳細は 「CFS の調整可能なパラメーター」 を参照) と同様に機能しますが、CPU アクセスはリアルタイムのタスクのみに限定されます。リアルタイムのタスクが CPU にアクセスできる時間は、各 cgroup に対してランタイムと時間を割り当てることによって決定されます。これにより、cgroup 内の全タスクには、1 回のランタイムに定義された時間の CPU アクセスが許可されます (例: cgroup 内のタスクを 1 秒あたり 0.1 秒間実行するのを許可することができる)。
cpu.rt_period_us
リアルタイムスケジューリングのタスクにのみで使用できます。このパラメーターは、cgroup による CPU リソースへのアクセスを再割り当てする一定間隔をマイクロ秒単位 (µs、ただしここでは "us" と表示) で指定します。cgroup 内のタスクが 1 秒あたり 0.2 秒間、単一の CPU にアクセスできる必要がある場合には、cpu.rt_runtime_us200000に、cpu.rt_period_us1000000 に設定してください。
cpu.rt_runtime_us
リアルタイムスケジューリングのタスクのみに適用されます。cgroup 内のタスクによる CPU リソースへのアクセスの最長連続時間をマイクロ秒(µs、ただしここでは "us" と表示)で指定します。この上限を設定することにより、cgroup 内のタスクが CPU 時間を独占できないようにします。cgroup 内のタスクが 1 秒あたり 0.2 秒間、単一の CPU にアクセスできるようにする必要がある場合は、cpu.rt_runtime_us200000cpu.rt_period_us1000000 に設定します。ランタイムおよび時間のパラメーターは CPU ベースで動作する点に注意してください。リアルタイムのタスクが 2 つの CPU を完全に使用できるようにするには、たとえば cpu.cfs_quota_us200000 に、cpu.cfs_period_us100000 に設定します。