3.8. net_cls

net_cls サブシステムは、Linux トラフィックコントローラー (tc) が特定の cgroup から発信されるパケットを識別できるようにするクラス識別子 (classid) を使用して、ネットワークパケットをタグ付けします。トラフィックコントローラーは、異なる cgroup からのパケットに異なる優先順位を割り当てるように設定できます。
net_cls.classid
net_cls.classid には、トラフィック制御ハンドルを示す単一値が含まれます。net_cls.classid ファイルから読み取られる classid の値は、10 進数形式で表示されますが、ファイルに書き込まれる値は 16 進数形式となります。たとえば、0x100001 は、iproute2 で使用されている形式では従来 10:1 として記述されていたハンドルを示します。net_cls.classid ファイルでは、1048577 の数字で示されます。
これらのハンドルの形式は: 0xAAAABBBB です。ここで AAAA は 16 進法のメジャー番号、BBBB は 16 進法のマイナー番号です。また、先頭のゼロを省略することができ、0x100010x00010001 と同じで、1:1 を示します。以下は、net_cls.classid ファイルでの 10:1 ハンドルの設定例です。
~]# echo 0x100001 > /cgroup/net_cls/red/net_cls.classid
~]# cat /cgroup/net_cls/red/net_cls.classid
1048577
net_cls がネットワークパケットに追加するハンドルを使用するためのトラフィックコントローラーの設定法を確認するには tc の man ページを参照してください。