3.3. cpuacct

CPU Accounting (cpuacct) サブシステムは、cgroup 内のタスクで使用される CPU リソースに関する自動レポートを生成します。3 つのレポートが利用できます:
cpuacct.usage
この cgroup 内の全タスク (下位階層のタスクを含む) により消費される総 CPU 時間 (ナノ秒単位) をレポートします。

注記

cpuacct.usage の値をリセットするには、以下のコマンドを実行します。
~]# echo 0 > /cgroup/cpuacct/cpuacct.usage
上記のコマンドは、cpuacct.usage_percpu の値もリセットします。
cpuacct.stat
この cgroup 内の全タスク (下位階層のタスクを含む) により消費されている CPU 時間を、以下のような形でユーザーとシステムにレポートします。
  • user — ユーザーモード内のタスクによって消費されている CPU 時間
  • system — システム (カーネル) モードのタスクによって消費されている CPU 時間
CPU 時間は、USER_HZ 変数によって定義されている単位でレポートされます。
cpuacct.usage_percpu
この cgroup 内の全タスク (下位階層のタスクを含む) により、各 CPU 上で消費される CPU 時間 (ナノ秒単位) をレポートします