2.10.2. パラメーターのホワイトリスト化

cgsnapshot ユーティリティにより、パラメーターのホワイトリスト化も可能になります。パラメーターがホワイトリスト化されると、cgsnapshot によって生成される出力に表示されます。パラメーターがブラックリスト化もホワイトリスト化もされていない場合には、警告が表示され、以下のような内容を通知します。
~]$ cgsnapshot -f ~/test/cgconfig_test.conf
WARNING: variable cpu.rt_period_us is neither blacklisted nor whitelisted
WARNING: variable cpu.rt_runtime_us is neither blacklisted nor whitelisted
デフォルトではホワイトリスト設定ファイルはありません。ホワイトリストとして使用するファイルを指定するには、-w オプションを使用します。以下はその例です。
~]$ cgsnapshot -w ~/test/my_whitelist.conf
-t オプションを指定することにより、cgsnapshot に対してホワイトリストのみからのパラメーターを使用して設定を生成するように指示します。