2.4. Tickless カーネル

Red Hat Enterprise Linux の以前のバージョンでは、カーネルは継続的にシステム割り込みを作り出すタイマーベースのメカニズムを使用していました。各割り込み中に、システムは ポーリング していました。つまり、するべき作業があるかどうかをチェックしていました。
設定によっては、このシステム割り込みまたは タイマーチック は 1 秒間に数百回から数千回も発生する可能性があります。これはシステムのワークロードに関係なく、毎秒発生します。ロードが少ないシステムでは、プロセッサーが効果的にスリープ状態を使うことができず、電力消費量 に影響を与えます。システムはスリープ状態にあると消費電力量が最小になります。
システムが最も省電力で稼働するには、作業を最短で終わらせ、深いスリープ状態にできるだけ長く入ることです。これを実行するために、Red Hat Enterprise Linux 6 は tickless カーネル を使用しています。これを使うことで、割り込みタイマーがアイドルループから取り除かれ、Red Hat Enterprise Linux 6 を完全に割り込み駆動型環境に変換します。
tickless カーネルでは、システムはアイドル時間中に深いスリープ状態に入ることができ、作業があるときはすぐに反応することができます。
詳細は、『電力管理ガイド』 を参照してください。これは http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/ から入手できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。