7.2. ファイルシステムパフォーマンスのプロファイル

tuned-adm ツールを使うと、特定のユースケースのパフォーマンス強化のために設計された多くのプロファイル間でのスワップを容易にします。ストレージパフォーマンスの向上に特に便利なプロファイルを以下に挙げます。
latency-performance
標準的な遅延パフォーマンスチューニング用のサーバープロファイルです。これは、tunedktune の省電力メカニズムを無効にし、cpuspeed モードが performance に変更されます。各デバイスで I/O エレベーターが deadline に変更されます。cpu_dma_latency パラメーターは 0 の値 (最低の待ち時間) で登録され、可能な範囲で Power Management Quality-of-Service が電源管理の待ち時間を制限します。
throughput-performance
標準的なスループットのパフォーマンスチューニング用のサーバープロファイルです。システムにエンタープライズクラスのストレージがない場合に、このプロファイルが推奨されます。latency-performance と同じですが、以下の点が異なります。
  • kernel.sched_min_granularity_ns (スケジューラーの最小先取り粒度) が 10 ミリ秒に設定されます。
  • kernel.sched_wakeup_granularity_ns (スケジューラーのウェイクアップ粒度) が 15 ミリ秒に設定されます。
  • vm.dirty_ratio (仮想メモリーダーティー率) が 40% に設定されます。
  • Transparent huge pages が使用可能になります。
enterprise-storage
このプロファイルは、バッテリー駆動のコントローラーキャッシュ保護とオンディスクのキャッシュ管理などを含むエンタープライズクラスのストレージがあるエンタープライズサイズのサーバー設定に推奨されます。throughput-performance プロファイルと同じですが、以下の点が異なります。
  • readahead 値が 4x に設定されます。
  • root/boot ファイルシステム以外のファイルシステムが、barrier=0 で再マウントされます。
tuned-adm についての詳細情報は man ページ (man tuned-adm) または 『電力管理ガイド』 を参照してください。これは http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/ から入手できます。