4.5.2. 仮想化の最適化

KVM はカーネル機能を活用しているため、KVM ベースの仮想化ゲストはすべてのベアメタル最適化から即座に恩恵を受けます。Red Hat Enterprise Linux には、仮想化ゲストがベアメタルシステムのパフォーマンスレベルに近づくことを可能にする数多くの機能強化も含まれています。これらの機能強化は、ストレージおよびネットワークアクセスの I/O パスにフォーカスしており、データベースやファイルサービスなどの集中的なワークロードが仮想化導入を活用できるようにしています。仮想化システムのパフォーマンスを改善する NUMA 固有の機能強化には、以下のものがあります。
CPU ピン設定
仮想ゲストを特定のソケットで実行するよう固定します。これは、ローカルキャッシュの使用を最適化し、不経済なソケット間の通信とリモートメモリのアクセスの必要性を排除するためです。
transparent hugepages (THP)
THP を有効にすると、システムは連続する大量メモリに対して自動的に NUMA 認識メモリの割り当てを実行します。これにより、ロック競合と必要なトランスレーションルックアサイドバッファ (TLB) のメモリ管理操作回数が減少するとともに、仮想化ゲストのパフォーマンスが最大 20% 向上します。
カーネルベースの I/O 実装
仮想ゲストの I/O サブシステムがカーネルに実装されており、大量のコンテキストスイッチングと同期、通信オーバーヘッドが回避されることで、ノード間の通信およびメモリアクセスの時間が大幅に削減されます。