4.2.3. ポリシーの選択

アプリケーションのスレッドに正しいスケジューリングポリシーを選択することは、常に簡単な作業とは限りません。一般的に、リアルタイムポリシーは時間的にクリティカルまたは重要なタスクで素早いスケジュールを必要とし、長期にわたって実行されないタスクに使われるべきものです。通常のポリシーは一般的にリアルタイムポリシーよりも優れたデータスループットの結果をもたらします。これは、スケジューラーがより効率的にスレッドを実行できるようにするためです (つまり、先取りのための再スケジュールがそれほど頻繁に必要ないということです)。
大量のスレッドを管理していて、主にデータスループット (1 秒あたりのネットワークパケットやディスクへの書き込みなど) に関わっている場合は、SCHED_OTHER を使ってシステムが CPU 使用率を管理するようにします。
イベントの反応時間 (待ち時間) が気になる場合は、SCHED_FIFO を使います。スレッド数が少ない場合は、CPU ソケットを孤立させ、スレッドをソケットのコアに移動することでそのコア上で他のスレッドと時間を競合することがないようにする方法を考慮してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。