3.3.2. PCP の設定

コレクターは、実行中の Performance Metrics Collector Daemon (pmcd) と 1 つ以上の Performance Metrics Domain Agents (PMDA) を必要とします。

手順3.1 コレクターの設定

  1. PCP のインストール

    以下のコマンドを実行して、システムに PCP をインストールします。
    # yum install pcp
  2. pmcd の起動

    # service pmcd start
  3. 追加 PMDA の設定 (オプション)

    カーネル、pmcd、per-process、memory-mapped の値、XFS、および JBD2 PMDA はデフォルトで、/etc/pcp/pmcd/pmcd.conf にインストールされ、ここで設定します。
    追加の PMDA を設定するには、そのディレクトリーに移動し (たとえば、/var/lib/pcp/pmdas/pmdaname)、Install スクリプトを実行します。たとえば、proc 用の PMDA をインストールするには、以下を実行します。
    # cd /var/lib/pcp/pmdas/proc
    # ./Install
    そしてプロンプトにしたがい、コレクターシステムまたはモニターおよびコレクターシステム用に PMDA を設定します。
  4. リモートモニターをリッスン (オプション)

    リモートモニターに反応するには、pmcd はポート 44321 経由でリモートモニターをリッスンできる必要があります。以下を実行して、適切なポートを開きます。
    # iptables -I INPUT -p tcp -dport 44321 -j ACCEPT
    # iptables save
    他のファイアウォールルールがこのポートへのアクセスをブロックしていないことを確認する必要があります。
モニターは、pcp がインストールされ、リモートもしくはローカルの pmcd インスタンスに少なくとも 1 つ接続できる必要があります。コレクターとモニターの両方が単一マシン上にあり、手順3.1「コレクターの設定」 の指示にしたがっている場合は、これ以上の設定は不要で、PCP が提供するモニタリングツールを使用することができます。

手順3.2 リモートモニターの設定

  1. PCP のインストール

    以下のコマンドを実行して、リモートモニターシステムに PCP をインストールします。
    # yum install pcp
  2. リモートコレクターへの接続

    リモートコレクターシステムに接続するには、PCP はポート 44321 経由でリモートコレクターに連絡できる必要があります。以下を実行して、適切なポートを開きます。
    # iptables -I INPUT -p tcp -dport 44321 -j ACCEPT
    # iptables save
    他のファイアウォールルールがこのポートへのアクセスをブロックしていないことを確認する必要もあります。
これで、-h オプションを付けてパフォーマンスモニタリングツールを実行することで、リモートコレクターに接続できるかどうかをテストできます。このオプションは、接続先のコレクターの IP アドレスを指定します。例を示します。
# pminfo -h 192.168.122.30