13.3. Boolean

SELinux は実行するサービスに必要な最小限レベルのアクセスに基づいています。サービスの実行手段は複数あるため、サービスをどのように実行するのかを SELinux に指示する必要があります。 次の Boolean を使って Postfix の動作方法を SELinux に指示します。
allow_postfix_local_write_mail_spool
この Boolean を有効にすると、Postfix によるシステム上のローカルメールスプールへの書き込みを許可します。ローカルスプールを使用する際、Postfix を正常に動作させるためにはこの Boolean を有効にする必要があります。