Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第7章 BIND (Berkeley Internet Name Domain)

BIND では named デーモンを使って名前解決サービスを行ないます。 BIND のおかけで、 ユーザーは数値アドレスではなく名前でコンピューターリソースやサービスを検索することができます。
Red Hat Enterprise Linux では、 DNS サーバーは bind パッケージで提供されます。 rpm -q bind を実行して、 bind パッケージがインストールされているか確認します。 インストールされていない場合は、 root ユーザーで次のコマンドを実行してインストールしてください。
yum install bind

7.1. BIND と SELinux

/var/named/slaves/var/named/dynamic/var/named/data ディレクトリのデフォルトパーミッションでは、 ゾーン転送およびダイナミック DNS 更新によるゾーンファイルの更新が許可されます。 /var/named 内のファイルには named_zone_t タイプのラベルが付けられ、 マスターゾーンファイルに使用されます。
スレーブサーバーの場合、 /etc/named.conf でスレーブゾーンを /var/named/slaves に配置するよう設定します。 以下に、 スレーブ DNS サーバーの /etc/named.conf 内にあるドメインエントリの例を示します。 このスレーブ DNS サーバーは、 /var/named/slaves 内に testdomain.com 用のゾーンファイルを格納しています。
zone "testdomain.com" {
			type slave;
			masters { IP-address; };
			file "/var/named/slaves/db.testdomain.com";
		       };
ゾーンファイルに named_zone_t のラベルが付けられている場合は、 named_write_master_zones Boolean を有効にして、 ゾーンファイル更新のためゾーン転送とダイナミック DNS を許可する必要があります。 また、 親ディレクトリのモードを変更し、 named ユーザーまたはグループに読み取り、 書き込み、 実行のアクセスを許可しなければなりません。
/var/named/ 内のゾーンファイルで named_cache_t タイプのラベルが付いているファイルは、 ファイルシステムの再ラベル付けや restorecon -R /var/ の実行が行なわれると named_zone_t タイプにラベルが変更されます。