Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.3. ボリュームグループの分割

この例では、既存ボリュームグループは 3 つの物理ボリュームから構成されています。これらの物理ボリュームに十分な未使用領域があれば、新規のディスクを追加せずに新規のボリュームグループを作成することができます。
最初のセットアップでは、論理ボリューム mylv は、ボリュームグループ myvol から作成され、そのボリュームグループは、/dev/sda1/dev/sdb1、および /dev/sdc1 の 3 つの物理ボリュームで構成されます。
この手順の完了後、ボリュームグループ myvg/dev/sda1/dev/sdb1 で構成されます。2 つ目のボリュームグループ yourvg/dev/sdc1 で構成されます。

5.3.1. 空き領域の判別

pvscan コマンドを使用すると、現在ボリュームグループで利用可能な空き領域の容量を判別することができます。
# pvscan
  PV /dev/sda1  VG myvg   lvm2 [17.15 GB / 0    free]
  PV /dev/sdb1  VG myvg   lvm2 [17.15 GB / 12.15 GB free]
  PV /dev/sdc1  VG myvg   lvm2 [17.15 GB / 15.80 GB free]
  Total: 3 [51.45 GB] / in use: 3 [51.45 GB] / in no VG: 0 [0   ]

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。