Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.3.15. ボリュームグループの別のシステムへの移動

LVM ボリュームグループ全体を別のシステムに移動することができます。これを実行するには、vgexportvgimport のコマンドの使用が推奨されます。

注記

Red Hat Enterprise Linux 6.5 の時点では、vgimport コマンドの --force 引数が利用可能です。これにより、物理ボリュームのないボリュームグループをインポートし、その後に vgreduce --removemissing コマンドを実行することができます。
vgexport コマンドは、システムが非アクティブのボリュームグループにアクセスできないようにするため、物理ボリュームの割り当て解除が可能になります。vgimport コマンドは、vgexport コマンドで非アクティブにされていたボリュームグループにマシンが再度アクセスできるようにします。
ボリュームグループを 2 つのシステム間で移動するには、以下の手順に従います。
  1. ボリュームグループ内のアクティブなボリュームのファイルにアクセスしているユーザーがいないことを確認してから、論理ボリュームをアンマウントします。
  2. vgchange コマンドで -a n 引数を使用して、そのボリュームグループを非アクティブとしてマークします。これによりボリュームグループでのこれ以上の動作が発生しないようにします。
  3. vgexport コマンドを使用してボリュームグループをエクスポートします。これは、削除中のシステムからのボリュームグループへのアクセスを防止します。
    ボリュームグループをエクスポートした後に、pvscan コマンドを実行すると、以下の例のように物理ボリュームがエクスポート先のボリュームグループ内に表示されます。
    # pvscan
      PV /dev/sda1    is in exported VG myvg [17.15 GB / 7.15 GB free]
      PV /dev/sdc1    is in exported VG myvg [17.15 GB / 15.15 GB free]
      PV /dev/sdd1   is in exported VG myvg [17.15 GB / 15.15 GB free]
      ...
    システムが次にシャットダウンされる際に、ボリュームグループを構成していたディスクを取り外し、それらを新しいシステムに接続することができます。
  4. ディスクが新しいシステムに接続されると、vgimport コマンドを使用してボリュームグループをインポートし、新しいシステムからアクセスできるようにします。
  5. vgchange コマンドで -a y 引数を使用してボリュームグループをアクティブ化します。
  6. ファイルシステムをマウントして使用可能にします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。