Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.3.2. udev をサポートするコマンドとインターフェース

表A.2「udev をサポートする dmsetup コマンド」 には、udev の統合をサポートする dmsetup コマンドについてまとめています。

表A.2 udev をサポートする dmsetup コマンド

コマンド説明
dmsetup udevcompleteudev がルールの処理を完了し、待機中のプロセスをロック解除したことを通知するために使用されます (95-dm-notify.rules 内の udev ルールの中から呼び出されます)。
dmsetup udevcomplete_allデバッグの目的で使用され、待機中の全プロセスのロックを手動で解除します。
dmsetup udevcookiesデバッグの目的で使用され、既存のすべての Cookie (システム全体のセマフォ) を表示します。
dmsetup udevcreatecookieCookie (セマフォ) を手動で作成するのに使用されます。これは、単一の同期リソース下で、より多くのプロセスを実行するのに役立ちます。
dmsetup udevreleasecookie単一の同期 Cookie の下に置かれるすべてのプロセスに関連した、すべての udev 処理を待機するのに使用されます。
udev 統合をサポートする dmsetup オプションは以下のとおりです。
--udevcookie
udevトランザクションに追加したいすべての dmsetup プロセスを対象に定義する必要があります。udevcreatecookie および udevreleasecookie と併用されます。
COOKIE=$(dmsetup udevcreatecookie)
  dmsetup command --udevcookie $COOKIE ....
  dmsetup command --udevcookie $COOKIE ....
  ....
  dmsetup command --udevcookie $COOKIE ....
dmsetup udevreleasecookie --udevcookie $COOKIE
--udevcookie オプションを使用する以外には、プロセスの環境に変数を単にエクスポートできます。
export DM_UDEV_COOKIE=$(dmsetup udevcreatecookie)
  dmsetup command ...
  dmsetup command ...
  ...
  dmsetup command ...
--noudevrules
udev ルールを無効にします。Nodes/symlinks は、libdevmapper 自体によって作成されます (旧式の方法)。このオプションは、udev が適正に機能しない場合のデバッグを目的としています。
--noudevsync
udev の同期を無効にします。これもデバッグを目的としています。
dmsetup とそのオプション関する情報は、dmsetup(8) の man ページを参照してください。
LVM コマンドは、udev の統合に対応した以下のオプションをサポートします。
  • --noudevrules: dmsetup コマンドについて、udev ルールを無効にします。
  • --noudevsync: dmsetup コマンドについて、udev 同期を無効にします。
lvm.conf ファイルには、udev の統合をサポートする以下のオプションが含まれます。
  • udev_rules: すべての LVM2 コマンドを対象に udev_rules をグローバルに有効/無効にします。
  • udev_sync: すべての LVM コマンドを対象に udev 同期をグローバルに有効/無効にします。
lvm.conf ファイルオプションに関する詳細情報は、lvm.conf ファイルのインラインコメントを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。