4.4.6. シンプロビジョニングされたスナップショットボリュームの作成

Red Hat Enterprise Linux 6.4 バージョンの LVM は、シンプロビジョニングされたスナップショットボリュームのサポートを提供します。シンプロビジョニングされたスナップショットボリュームの利点と制限についての情報は、「シンプロビジョニングされたスナップショットボリューム」 を参照してください。

注記

このセクションでは、シンプロビジョニングされたスナップショットボリュームを作成し、拡張するために使用する基本的なコマンドの概要を説明します。LVM シンプロビジョニングの詳細情報と、シンプロビジョニングされた論理ボリュームと共に LVM コマンドおよびユーティリティーを使用する方法についての情報は、lvmthin(7) man ページを参照してください。

重要

シンプロビジョニングされたスナップショットボリュームを作成する場合、ボリュームのサイズは指定しません。サイズパラメーターを指定すると、作成されるスナップショットはシンプロビジョニングされたスナップショットボリュームにはならず、データを保管するためにシンプールを使用することもありません。たとえば、lvcreate -s vg/thinvolume -L10M コマンドは、複製元ボリュームがシンボリュームであっても、シンプロビジョニングされたスナップショット (シンスナップショット) を作成しません。
シンスナップショットは、シンプロビジョニングされた複製元ボリューム用に作成できます。Red Hat Enterprise Linux 6.5 リリースの時点では、シンスナップショットは、シンプロビジョニングされない複製元ボリューム用にも作成できます。
lvcreate コマンドの --name オプションを使って、スナップショットボリュームの名前を指定することができます。このオプションは、論理ボリュームを作成する際に使用することをお勧めします。これにより、lvs コマンドを使って論理ボリュームを表示する際に、作成したボリュームを簡単に表示できるようにするためです。
以下のコマンドは、シンプロビジョニングされた論理ボリューム vg001/thinvolume の、mysnapshot1 という名前のシンプロビジョニングされたスナップショットボリュームを作成します。
# lvcreate -s --name mysnapshot1 vg001/thinvolume
  Logical volume "mysnapshot1" created
# lvs
  LV          VG       Attr     LSize   Pool       Origin     Data%  Move Log Copy%  Convert
  mysnapshot1 vg001    Vwi-a-tz   1.00g mythinpool thinvolume   0.00                        
  mythinpool  vg001    twi-a-tz 100.00m                         0.00                        
  thinvolume  vg001    Vwi-a-tz   1.00g mythinpool              0.00
シンスナップショットボリュームには、他のシンボリュームと同じ特性があります。ボリュームのアクティブ化、拡張、名前変更、削除、さらにはスナップショット作成も個別に行うことができます。
デフォルトで、スナップショットボリュームは通常のアクティブ化コマンドの実行時に省略されます。スナップショットボリュームのアクティブ化を制御する方法についての情報は、「論理ボリュームのアクティブ化の制御」 を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux 6.5 リリースの時点では、シンプロビジョニングされていない論理ボリュームのシンプロビジョニングされたスナップショットを作成することができます。シンプロビジョニングされていない論理ボリュームはシンプール内に含まれていないため、これは 外部の複製元 と呼ばれます。外部の複製元ボリュームは、複数の異なるシンプールの多くのシンプロビジョニングされたスナップショットボリュームによって使用され、共有されることも可能です。外部の複製元は、シンプロビジョニングされたスナップショットが作成される際に非アクティブであり、かつ読み取り専用である必要があります。
外部の複製元のシンプロビジョニングされたスナップショットを作成するには、--thinpool オプションを指定する必要があります。以下のコマンドは、読み取り専用の非アクティブなボリューム origin_volume のシンスナップショットボリュームを作成します。このシンスナップショットボリュームの名前は mythinsnap です。論理ボリュームの origin_volume は、その後に既存のシンプール vg001/pool を使用する、ボリュームグループ vg001 内のシンスナップショットボリューム mythinsnap に対する外部の複製元になります。複製元ボリュームは、スナップショットボリュームと同じボリュームグループになければならないため、複製元の論理ボリュームを指定する場合にボリュームグループを指定する必要はありません。
# lvcreate -s --thinpool vg001/pool origin_volume --name mythinsnap
以下のコマンドにあるように、最初のスナップショットボリュームの 2 番目のシンプロビジョニングされたスナップショットボリュームを作成することができます。
# lvcreate -s vg001/mythinsnap --name my2ndthinsnap

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。