Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.4.8. 永続的なデバイス番号

メジャーデバイス番号とマイナーデバイス番号はモジュールのロード時に動的に割り当てられます。一部のアプリケーションは、ブロックデバイスが常に同じデバイス (メジャーとマイナー) 番号でアクティブ化されている場合に、最も効果的に機能します。これらは lvcreatelvchange コマンドで、以下の引数を使用することによって指定できます。
--persistent y --major major --minor minor
別のデバイスにすでに動的に割り当てられている番号を使用しないように大きいマイナー番号を使用します。
NFS を使用してファイルシステムをエクスポートする場合は、そのエクスポートファイルで fsid パラメーターを指定すると、LVM 内で永続的なデバイス番号を設定する必要がなくなります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。