Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第5章 LVM 設定の例

この章では、基本的な LVM 設定の例をいくつか紹介します。

5.1. 3 つのディスク上に LVM 論理ボリュームを作成する

この例では、/dev/sda1/dev/sdb1、および /dev/sdc1 のディスクで構成される new_logical_volume という LVM 論理ボリュームを作成します。

5.1.1. 物理ボリュームの作成

ボリュームグループ内のディスクを使用するには、それらに LVM 物理ボリュームというラベルを付けます。

警告

このコマンドは、/dev/sda1/dev/sdb1、および /dev/sdc1 上のデータを破棄します。
# pvcreate /dev/sda1 /dev/sdb1 /dev/sdc1
  Physical volume "/dev/sda1" successfully created
  Physical volume "/dev/sdb1" successfully created
  Physical volume "/dev/sdc1" successfully created

5.1.2. ボリュームグループの作成

以下のコマンドはボリュームグループ new_vol_group を作成します。
# vgcreate new_vol_group /dev/sda1 /dev/sdb1 /dev/sdc1
  Volume group "new_vol_group" successfully created
vgs コマンドを使用すると、新規ボリュームグループの属性を表示することができます。
# vgs
  VG            #PV #LV #SN Attr   VSize  VFree
  new_vol_group   3   0   0 wz--n- 51.45G 51.45G

5.1.3. 論理ボリュームの作成

以下のコマンドは、ボリュームグループ new_vol_group から論理ボリューム new_logical_volume を作成します。この例では、ボリュームグループの 2GB を使用する論理ボリュームを作成しています。
# lvcreate -L2G -n new_logical_volume new_vol_group
  Logical volume "new_logical_volume" created

5.1.4. ファイルシステムの作成

以下のコマンドは論理ボリューム上に GFS2 ファイルシステムを作成します。
# mkfs.gfs2 -plock_nolock -j 1 /dev/new_vol_group/new_logical_volume
This will destroy any data on /dev/new_vol_group/new_logical_volume.

Are you sure you want to proceed? [y/n] y

Device:                    /dev/new_vol_group/new_logical_volume
Blocksize:                 4096
Filesystem Size:           491460
Journals:                  1
Resource Groups:           8
Locking Protocol:          lock_nolock
Lock Table:

Syncing...
All Done
以下のコマンドは、論理ボリュームをマウントして、ファイルシステムのディスク領域使用率を報告します。
# mount /dev/new_vol_group/new_logical_volume /mnt
[root@tng3-1 ~]# df
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/new_vol_group/new_logical_volume
                       1965840        20   1965820   1% /mnt

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。