Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第4章 CLI コマンドでの LVM 管理

この章では、論理ボリュームを作成し、これを保守するために LVM CLI (Command Line Interface) コマンドで実行できる個別の管理タスクについてまとめています。

注記

クラスター環境用に LVM ボリュームを作成するか、または変更する場合、clvmd デーモンが稼働していることを確認する必要があります。詳細は 「クラスター内での LVM ボリューム作成」 を参照してください。

4.1. CLI コマンドの使用

すべての LVM CLI コマンドには一般的な特性がいくつかあります。
コマンドライン引数でサイズが必要な場合は、単位を常に明示的に指定することができます。単位を指定しないと、デフォルト (通常 KB または MB) が使用されます。LVM CLI コマンドでは小数は使用できません。
コマンドライン引数内で単位を指定する場合、LVM は大文字/小文字を区別せず (たとえば、M または m を指定しても同じことになります)、2 の累乗 (1024 の倍数) が使用されます。しかし、コマンド内で --units 引数を指定する場合、小文字の場合は単位が 1024 の倍数であり、大文字の場合は 1000 の倍数であることを示します。
コマンドが、ボリュームグループ名または論理ボリューム名を引数として取る場合、完全なパス名はオプションとなります。ボリュームグループ vg0 内の論理ボリューム lvol0vg0/lvol0 と指定できます。ボリュームグループの一覧が必要であるのに空のままの場合、すべてのボリュームグループの一覧が代用されれます。論理ボリュームの一覧が必要な状態で、1 つのボリュームグループだけ指定されている場合、そのボリュームグループ内のすべての論理ボリュームの一覧が代用されます。たとえば、lvdisplay vg0 コマンドは、ボリュームグループ vg0 内のすべての論理ボリュームを表示します。
すべての LVM コマンドは -v 引数を使用できるため、これを複数回入力して出力の詳細度を高くすることができます。たとえば、次の例は lvcreate コマンドのデフォルト出力を示しています。
# lvcreate -L 50MB new_vg
  Rounding up size to full physical extent 52.00 MB
  Logical volume "lvol0" created
以下の例は、-v 引数を使用した lvcreate コマンドの出力を示しています。
# lvcreate -v -L 50MB new_vg
    Finding volume group "new_vg"
  Rounding up size to full physical extent 52.00 MB
    Archiving volume group "new_vg" metadata (seqno 4).
    Creating logical volume lvol0
    Creating volume group backup "/etc/lvm/backup/new_vg" (seqno 5).
    Found volume group "new_vg"
    Creating new_vg-lvol0
    Loading new_vg-lvol0 table
    Resuming new_vg-lvol0 (253:2)
    Clearing start of logical volume "lvol0"
    Creating volume group backup "/etc/lvm/backup/new_vg" (seqno 5).
  Logical volume "lvol0" created
また、-vv-vvv、または -vvvv の引数を使用して、コマンドの実行内容を徐々に詳しく表示することができます。-vvvv 引数は、現時点で最も詳細な情報を提供します。以下の例は、-vvvv 引数が指定された lvcreate コマンドの出力の最初の数行のみを示しています。
# lvcreate -vvvv -L 50MB new_vg
#lvmcmdline.c:913         Processing: lvcreate -vvvv -L 50MB new_vg
#lvmcmdline.c:916         O_DIRECT will be used
#config/config.c:864       Setting global/locking_type to 1
#locking/locking.c:138       File-based locking selected.
#config/config.c:841       Setting global/locking_dir to /var/lock/lvm
#activate/activate.c:358       Getting target version for linear
#ioctl/libdm-iface.c:1569         dm version   OF   [16384]
#ioctl/libdm-iface.c:1569         dm versions   OF   [16384]
#activate/activate.c:358       Getting target version for striped
#ioctl/libdm-iface.c:1569         dm versions   OF   [16384]
#config/config.c:864       Setting activation/mirror_region_size to 512
...
LVM CLI コマンドのいずれかに --help 引数を付けると、そのコマンドのヘルプを表示することができます。
# commandname --help
コマンドの man ページを表示するには、man コマンドを実行します。
# man commandname
man lvm コマンドは、LVM に関する一般的なオンライン情報を提供します。
すべての LVM オブジェクトは、オブジェクトを作成する時点で割り当てられる UUID によって、内部で参照されます。これは、たとえばボリュームグループの一部である物理ボリューム /dev/sdf を削除した後で、接続し直した際に /dev/sdk になっている場合などに役立ちます。LVM は物理ボリュームをそのデバイス名ではなく、UUID で識別するため、依然として物理ボリュームを見つけることができます。物理ボリュームの作成時に物理ボリュームの UUID を指定する方法については、「物理ボリュームメタデータの復元」 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。