Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.3. LVM 論理ボリューム

LVM では、ボリュームグループは複数のボリュームに分割されます。LVM 論理ボリュームには 3 つのタイプがあります。リニア (linear) ボリューム、ストライプ化 (striped) ボリューム、および ミラー化 (mirrored) ボリュームです。これらについては、以下のセクションで説明します。

2.3.1. リニアボリューム

リニアボリュームは複数の物理ボリュームの領域を 1 つの論理ボリュームに統合します。たとえば、60GB ディスクが 2 つある場合、120GB の論理ボリュームを作成できます。物理ストレージは連結されます。
リニアボリュームを作成すると、物理エクステントの範囲を論理ボリュームの領域に順番に割り当てることになります。たとえば、図2.2「エクステントのマッピング」 に示されているように、1 から 99 までの論理エクステントを 1 つの物理ボリュームにマッピングして、100 から 198 までの論理エクステントを 2 番目の物理ボリュームにマッピングすることができます。アプリケーションの観点からは、デバイスには 198 のエクステントのサイズのデバイスが 1 つあることになります。
エクステントのマッピング

図2.2 エクステントのマッピング

論理ボリュームを構成している物理ボリュームは同じサイズである必要はありません。図2.3「サイズの異なる物理ボリュームを用いたリニアボリューム」 は、物理エクステントサイズが 4MB のボリュームグループ VG1 を示しています。このボリュームグループには、PV1PV2 という 2 つの物理ボリュームが含まれます。エクステントサイズが 4MB であることから、物理ボリュームは 4MB 単位に分割されます。この例では、PV1 は 200 エクステントのサイズ (800MB) です。さらに PV2 は、100 エクステントの サイズ (400MB) です。1 から 300 エクステント (4MB から 1200MB) までの任意のサイズのリニアボリュームを作成することができます。この例では、LV1 というリニアボリュームのサイズは 300 エクステントです。
サイズの異なる物理ボリュームを用いたリニアボリューム

図2.3 サイズの異なる物理ボリュームを用いたリニアボリューム

物理エクステントのプールから必要なサイズのリニア論理ボリュームを複数設定することができます。図2.4「複数の論理ボリューム」 は、図2.3「サイズの異なる物理ボリュームを用いたリニアボリューム」 と同じボリュームグループを示していますが、この場合は、そのボリュームグループから 2 つの論理ボリュームが構築されています。LV1 は 250 エクステントでサイズは 1000MB です。LV2 は 50 エクステントでサイズは 200MB です。
複数の論理ボリューム

図2.4 複数の論理ボリューム


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。