4.4. 論理ボリュームの管理

このセクションでは、論理ボリューム管理の様々な要素を実行するコマンドを説明します。

4.4.1. リニア論理ボリュームの作成

論理ボリュームを作成するには、lvcreate コマンドを使用します。論理ボリュームに名前を指定しないと、デフォルトの名前 lvol# が使用されます (# の部分には論理ボリュームの内部番号が入ります)。
論理ボリュームを作成する場合、論理ボリュームはボリュームグループを構成する物理ボリューム上の空きエクステントを使用してボリュームグループから構築されます。通常、論理ボリュームは配下の物理ボリューム上で次に使用可能な空き領域を基準にして空き領域を占有します。論理ボリュームを変更することで、物理ボリューム内の領域の開放と再割り当てが可能になります。
Red Hat Enterprise Linux 6.3 リリースでは、LVM を使用して RAID 論理ボリュームの作成、表示、名前変更、使用、削除を行うことができます。RAID 論理ボリュームの詳細は、「RAID 論理ボリューム」 を参照してください。
以下のコマンドは、ボリュームグループ vg1 内に 10 ギガバイトのサイズの論理ボリュームを作成します。
# lvcreate -L 10G vg1
次のコマンドは、ボリュームグループ testvg 内に testlv という 1500 MB のリニア論理ボリュームを作成し、ブロックデバイス /dev/testvg/testlv を作成します。
# lvcreate -L 1500 -n testlv testvg
次のコマンドは、ボリュームグループ vg0 内の空きエクステントから gfslv という 50 ギガバイトの論理ボリュームを作成します。
# lvcreate -L 50G -n gfslv vg0
lvcreate コマンドで -l 引数を使用すると、エクステント内の論理ボリュームのサイズを指定することができます。この引数を使用すると、論理ボリュームに使用するボリュームグループのパーセンテージも指定できます。以下のコマンドは、ボリュームグループ testvg 内で全体の領域の 60% を使用する mylv と呼ばれる論理ボリュームを作成します。
# lvcreate -l 60%VG -n mylv testvg
lvcreate コマンドで -l 引数を使用すると、ボリュームグループ内で残っている空き領域のパーセンテージを、論理ボリュームのサイズとして指定することもできます。以下のコマンドは、ボリュームグループ testvol 内の未割り当て領域をすべて使用する yourlv と呼ばれる論理ボリュームを作成します。
# lvcreate -l 100%FREE -n yourlv testvg
lvcreate コマンドで、-l 引数を使用して、ボリュームグループ全域を使用する論理ボリュームを作成することができます。ボリュームグループ全域を使用する論理ボリュームを作成する別の方法としては、vgdisplay コマンドを使用して「合計 PE」サイズを確認し、その結果を lvcreate コマンドへの入力として使用することです。
以下のコマンドは、testvg というボリュームグループ全域を使用する mylv という論理ボリュームを作成します。
# vgdisplay testvg | grep "Total PE"
Total PE              10230
# lvcreate -l 10230 testvg -n mylv
論理ボリュームの作成に使用した配下の物理ボリュームは、物理ボリュームを削除する必要がある場合に重要になる可能性があります。そのため、論理ボリュームを作成する際にはこの可能性を考慮する必要があります。ボリュームグループから物理ボリュームを削除する方法についての情報は、「ボリュームグループからの物理ボリュームの削除」 を参照してください。
ボリュームグループ内の特定の物理ボリュームから割り当てる論理ボリュームを作成するには、lvcreate コマンドラインの末尾に物理ボリュームを指定する必要があります。以下のコマンドは、物理ボリューム /dev/sdg1 から割り当てられるボリュームグループ testvg 内に論理ボリューム testlv を作成します。
# lvcreate -L 1500 -ntestlv testvg /dev/sdg1
論理ボリュームに使用する物理ボリュームのエクステントを指定することができます。以下の例は、ボリュームグループ testvg 内にエクステントが 0 から 24 の物理ボリューム /dev/sda1 およびエクステントが 50 から 124 の物理ボリューム /dev/sdb1 のリニア論理ボリュームを作成します。
# lvcreate -l 100 -n testlv testvg /dev/sda1:0-24 /dev/sdb1:50-124
以下の例は、エクステントが 0 から 25 の物理ボリューム /dev/sda1 からリニア論理ボリュームを作成した後に、エクステントが 100 の論理ボリュームを配置しています。
# lvcreate -l 100 -n testlv testvg /dev/sda1:0-25:100-
論理ボリュームのエクステントが割り当てられる方法についてのデフォルトポリシーは inherit であり、ボリュームグループの場合と同じポリシーに適用されます。これらのポリシーは lvchange コマンドを使用して変更できます。割り当てポリシーの詳細は、「ボリュームグループの作成」 を参照してください。